2011.07.27 はまってます
久しぶりに物欲がでてきました。

コ―ルドスチ―ル社の刀剣類。
サイコ―です!
ここの所、毎日PCで動画を見ていますが、牛肉からブロックまで、斬る・切る・割る・砕くの連続!
思いっきり刃物を振り回せるアメリカって、良い国だな~

それだけでも爽快なのだけど、刃物の遣い手達がしっかり武道家なのも見所。

竹やゴザの据え物斬りとナイフ投げに手裏剣が特に面白い。
体の遊びを無くし、胴の操作がメインのように見えます。
棒手裏剣からシャベルまで、熟練すれば面白いようにヒットするんですね~凄いです。
刀と西洋の両手剣と中国の剣の操作法と切断力・刺突力の違いも、実際に見るとナルホドと納得。


銃刀法で刀剣類は手に入りませんが、ボウイナイフならなんとか…
何を斬るのかは内緒です。

スポンサーサイト
先日、フィールドア―チェリーに行ってきました。
すべてが初めてなので1から教えていただき、30分ほど平地で練習してから山の中へ。

鳥の鳴き声が聞こえる中、斜面で的を捕らえるのはなかなか難しく、つい目で的を見てしまうと軸がズレて十字射型が崩れてしまいます。

目で見ているのだけど、違うところで見ている感覚。
空手でも目で見たところに拳がちゃんと当たるかといえば、そうでもない。
100本射るのも100本突くのも、すべて同じように出来れば理想なのか?
違うところに善し悪しではない、修行の意味があるような気がします。漠然とですが。

長女がスコアをつけてくれて、初心者コ―スを妻が70点台、私が100点台で面目は保ったかなと。

YAMAHAの弓や昔の一本削りだしの弓を引かせてもらったのですが、ほとんど芸術品ですね。
木目と曲線の美しさに加え、握ったときの手との一体感はなんとも言えない充実感がありました。
いずれ自分の弓を持ちたいと思いつつ、今はイメージトレーニングで我慢です。

気が付いたら月曜日…
1日が24時間って本当なの?って疑ってしまいます。

今日は義理の弟さんの実家でバ―ベキュ―
私は極度のめんどくさがりなので親戚付き合いもバ―ベキュ―も正直気が進まなかったのですが、肉を焼き始めたら楽しくなってきました。
焼いて焼いて焼き続けて、ビ―ルとベ―コン数切れでお腹は満足。


お父様がア―チェリ―歴30年ということで、お部屋にあった弓を引かせてもらい、今度ご一緒させていただくことになりました。
フィールドというそうで、山に入って足場の悪い中で射る競技なのでなかなか実践的。
ア―チェリ―の話を始めたら止まらないお父様なので、お会いしたのは2度目ですが気が合いそうです。
実際に行けるのは来月なのですが、ハマりそうな予感。


やっぱりめんどくさがりはいけませんね。
バ―ベキュ―がこんなに楽しいとは思わなかったので、今までもいっぱい楽しい事をスルーしてきたのでしょうし。
体験の機会は逃さないほうが得ですね。

2010.09.03 ウオッチメン
半年以上前からDVDが壊れていたのだけど、今日リサイクル屋で購入。
さっそく観たかった「ウオッチメン」を借りました。

登場人物の名前が複雑で覚えきれなかったのだけど、正義とは?誇りとは?平和とは?なかなか考えさせられます。

私はサイコで頑固なロールシャッハに親近感覚えるな。
実際に力があったらああいう生き方してみたいし。

しかし、人間って何千年も戦争してるのに、まだ厭きないのね

2010.05.12 立ち方
今日の空手のテ―マは“立ち方”

三戦→型→ミット打ちの流れでした。
ミットで押してくるのを押し返して打ち込むなど、立ち方が出来ていないとおかしくなるので自分の弱点がよく分かります。
それにしても、今日は黒帯4人に黄色3人。胸を借りまくって練習させていただきました。

年末に2段を受ける先輩から、逆手の受けを頼まれました。受け身の練習もしなければ。