FC2ブログ
市橋容疑者逮捕されましたね。リンゼイさんとの間にどのようなやりとりがあったのか、市橋容疑者の言葉で聞いてみたいです。

仏教には「悉有仏性」という教えがあります。
すべてのものに仏が宿っているという意味ですが、仏性が目覚めていなければ、その時点では無いのと同じ。

果たして刑務所生活で更生できるのか?仏性が目覚めるのか?
「レ・ミゼラブル」は大好きですが、今のところ、私は死刑賛成派です。
「ミッション・バラバ」のような方々もいらっしゃいますから、人は変われるというのも信じています。

三つ子の魂百まで、と云います。
犯罪撲滅は厳しくも温かい家庭から、ということですね。


久しぶりに叔母会いに行きました。
左片麻痺でも歩いていらっしゃったのが、今回倒れたことで完全に車椅子生活になっていましたが、それでもリハビリテーションのおかげで言葉もしっかりされていて、安心しました。


リ・ハビリテーション
もともとあった機能を取り戻すという意味ですが、一回を長くやるよりも、短時間を複数回やるほうが効果が出ます。
1日1回30分よりも、1回5分を1日6回の方が良いのです。
手術後など、痛みを伴うときはリハビリテーションを逃げがちですが、時期を逸すると回復できなくなります。

病院勤務時代、脊柱管狭窄の手術をされた方がいらっしゃいました。手術は普通に成功(失敗はまずありませんが)したものの、なんだかんだリハビリを拒否した結果、筋力が落ち、尖足になり、寝たきりになってしまいました。

動かないものを動かすのだから、痛くて当たり前。
リハビリはリハビリ室の中だけでやるものではないですから。リハビリテーションの研究がいくら進んでも、最後は患者さんの気力次第です。


2009.11.05 叱られる幸せ
高幡不動で菊祭りと不動明王のパネル展を開催中です。

どうも菊人形だけは、何回見てもギョッとしますが。
お近くの方はぜひご参詣下さい。


川澄祐勝貫主が書かれた、「叱られる幸せ」という本を購入。貫主にサインを頂きました。

ご自身が前貫主に叱られた体験から、叱るとはどういうことか?人を伸ばす叱り方は?自分を叱るとは?そういったところから、修行者の在り方や現代の人間関係、教育問題(広く、大人と子どもの接し方)を語っておられます。

言葉が染み込みように入ってくるのでとても読みやすく、不動明王ならこのように人と接するのだろうと思います。

川澄祐勝貫主は護摩のお姿を拝見するととても背が高い方に見えましたが、並んでみると私と同じくらいの身長でした。
「良い本なので、多くの方に読んでもらって下さい。」
とのことでしたので、こちらに書かせていただきました。

2009.11.03 歌の力
昨日、妻のコーラスの発表会に行ってきました。

義母と祖母も一緒だったのですが、妻のお祖母さまは今年99歳。
さすがに認知症も出てきました。
少しでも気持ちが和らぐように、ということで来て頂きました。

会話できない方でも、歌は唄えるということがあります。
不穏のときに、一緒に唄うことで落ち着くこともあります。
耳が遠くて聞こえないだろうと思っても、身体で何かしら感じているようです。

介護職時代に病室で軍歌が流れていたので、私も何曲か覚えました。
となり組の歌ならまだ当たり障りないので、たまに老人ホームで歌う事もあります。
あー懐かしいねーと言って一緒に歌いだす方も。

お祖母さまも、ゆっくり眠れたようです。




2009.11.02 滝行
一昨日、滝行に行ってまいりました。

日常のリセットでもあり、力試しでもあり、といったところでしょうか。

3回入りましたが、3回とも違う感覚。
今回のテーマは滝と対抗すること。

1回目は腹が温かくなってきて、滝の冷たさも圧力も何も感じなくなりました。
対抗する気もなくなり、気持ちよいまま終了。

2回目は入ってすぐに頭が痛くなり、短時間で出ました。

3回目は自分を炎にして、ひたすら滝と勝負。
膝が抜けそうになってしばらくしてから出ました。
心と体のギャップを感じます。

呼吸を意識して捨てていったので、前回よりも短時間で呼吸が整いました。
その点だけは進歩したようです。
次回の課題も見えたので、日常でも意識していきます。

滝に入ると身体には何が起こるのか?
はっきりとは分かりませんが、細胞の活性化はされるようです。
入る前と後では確実に体調が良くなっています。

機会があれば、ぜひ体験してみてください。
超能力はつきませんが、なにか得られるはずですよ。