FC2ブログ
2010.05.13 介護の職業病
介護施設で脚を引きずっている職員さんがいらしたのですが、あんまりつらそうだったのでその場で少し施術しました。

介護関係は皆さんどこか身体を壊しています。
腰や膝の故障からリタイアする方もいらっしゃいますから、大変なお仕事です。

古武術介護など、体に負担の少ない方法も発表されていて私も目を通しましたが、なかなか面白いですね。

とはいえ、いくら良い介護方法が出来たとしても、やはり負担はかかります。技術書通りにいかないことも多いですから、怪我を予防しなければいけません。

力が入るときは筋肉が収縮しているので、小さく体を揺すると関節自体が弛んできます。大きく揺すると外側の大きな筋肉が弛みます。
腰は金魚運動や、ゴムバンドを腰(腸骨から大転子にかけて、気になる部分)に巻き、腰を回すと股関節を弛めることができます。

予防として1日15分、身体と向き合ってみてください。
今の仕事のやり方に無理がないかなど、考えるきっかけにもなりますよ。

2010.05.12 リズム
心身の不調を訴える方は、だいたい2通りの生き方をされているようです。

ひとつは、
正しい生き方にこだわり、自分の首を自分で締めてしまう。
そういう方はたいてい周囲にも自分の正義を押しつけるので、心を許せる人がだんだん減って孤立していきます。
身体はパキパキに固くなり、常に頭痛・肩凝りが抜けない状態。交感神経優位のため身体が緩まず冷え性に。

もうひとつは、
何もやらない方。
考えるだけで行動しないか、考えもせず流されるまま生活している。
身体はたるみ、筋肉量の少なさから代謝が悪く冷え性になり、腰・膝などの関節に負担がかかる状態。


あくまでも私の感覚なので、絶対ではありません。
ただ、生き方も音楽と一緒で一本調子ではつまらなくなります。
攻めるとき休むとき、1年1ヶ月1週間1日と、それぞれリズムがあるはず。
締めっぱなし弛みっぱなしになっていないか、一歩引いて見る余裕は失わずにいたいですね。
2010.05.12 立ち方
今日の空手のテ―マは“立ち方”

三戦→型→ミット打ちの流れでした。
ミットで押してくるのを押し返して打ち込むなど、立ち方が出来ていないとおかしくなるので自分の弱点がよく分かります。
それにしても、今日は黒帯4人に黄色3人。胸を借りまくって練習させていただきました。

年末に2段を受ける先輩から、逆手の受けを頼まれました。受け身の練習もしなければ。

先日、伯母(台湾在住)が癌だと連絡がありました。

伯父が日本の何かを読んだらしく、台湾にはない某サプリメントを送ってくれとのことで、百貨店や薬屋をまわったりネットで調べてみたのですが、科学的根拠は一切無い、とバッサリ切り捨てるものから、飲んだら治る奇跡の食品!みたいな(誇大?)広告までいろいろ。

父を癌で亡くした経験から言えば、治るなら化学でも迷信でもなんでも良いです。
治らなくても、普通に近い生活が出来ればと思います。
根拠のないものを保険の対象には出来ませんが、選択肢はあって良いはず。

伯母は今月日本に来る予定。これが最後になるかもしれないから、と仰いました。
こちらにいる間は、1日でも多く治療するつもりです。

2010.05.09 母の日
今日は母の日。

患者さんに教えて頂いたチョコレート専門店で母の日用チョコを用意し、妻と私の実家へ日頃の感謝を伝えに行きました。

離れて分かる親の有り難さです。自分が親になって解ったこともありますし。

妻も私も父親を亡くしているので、精一杯親孝行したいですね。

いつも有難うございます。
これからも(適度に)心配かけますので、よろしくお願い致します。


友人の中には、母の日やクリスマスなどを「商売人に踊らされとる!ワシは絶対流されん!」と断固拒否する者もおりますが…物が売れるのは良いことだし、親孝行のきっかけにもなるし、ひとつも悪いことはないと思うのです。

今晩は家族団欒の暖かい空気が世界中に広がると良いですね。

2010.05.08 苦手です…
今日は温かかったですね。
仕事中、ク―ラ―つけたのは初めてです。

仕事に行く途中、階段で蛇と遭遇しました。
アオダイショウが一段占拠していたのですが、それが日向ぼっこしているようで気持ちよさそう。

↑などと考える余裕ができただけマシになりました。昔だったら走って逃げてます。
一段またげば良いだけの話しなのですが、体が拒否します。半径2m以内には近づけませんね。
結局、別の道から進みました。
こういう根源的な恐怖はどこから来るのでしょう?
万物斉同!と云ったところで、怖いものは怖い。
まだまだ修行が足りませんね。
さすがに疲れが溜まったのか、風邪気味なので家の前にあるお寺のお堂で休んでいました。

家にいるとなんだかんだ休めませんから…
30分ほど、ボケーッと阿弥陀様のお姿を見ていました。

普段お寺に行くときは、「修行」の二文字が頭にありますが、まったくOFFにするのも時には良いものです。

2010.05.03 プ―ル
昨日は夜勤明けからそのまま家族サービスということで、市営プ―ルへ行きました。

ほどよい混み具合で、のびのび泳げて寂しくないくらいの人数。
次女の背が届くようになったので、一度も子供プ―ルへ入ることなく遊んでいました。

私は軽い喘息があったらしく、幼稚園からスイミングに通っていました。おかげで疲れにくい体になったようです。

プ―ルの中で歩くだけでも、かなり運動になりますね。
水泳を習って最初にやったのは水中ジャンプでした。
ジャンプしながらひたすらプ―ルを往復していたのですが、全身の筋力アップにとても有効なのです。

水中でやるエアロビクスもありますし、短期間で効果を出すにはプ―ルを利用すると良いかもしれません。


4年くらい太極拳を習っていたのですが、一般的な筋力トレーニングと違って、練習後は身体の中が重くなる感覚がありました。
筋肉痛は無いのに、階段を登ろうとしたらズシッと動けないのです。
当時はインナーマッスルを鍛えるとこういう感覚なのだな~と思っていました。

最近、スロートレーニングの本をよく見かけます。

関節を伸ばしきらず曲げきらないで、常に負荷がかかった状態で運動する。
そうすると脳みそが騙されて、通常より6倍の成長ホルモンが分泌されるという、夢のようなトレーニング法!

このうんちくを読んだとき、まるっきり太極拳じゃん!と思いましたが…
冷え症の方が多いので、スロートレーニングのスクワットをよく勧めるのですが、できれば太極拳を習ってほしいですね。

捻ったりくねらせたりという動きは単純な曲げ伸ばしよりもリズムがあり、型なので呼吸も併せやすいと思います。

人によって向き不向きがあるので、このトレーニング法でなければダメ!ということではありませんから、習ったものをベースにして日常で続けられるように工夫してみると良いでしょうね。