2010.10.31 炬燵で蜜柑
昨日・今日は空手の全国大会。
私は応援に行けませんでしたが、すごい熱気だったようですね。
選手の皆様、出場された先輩方、お疲れ様です。
応援に行かれた皆様も、台風の中大変だったと思います。
お疲れ様でした。

台風のせいかは分かりませんが、何故か今年は長女が当たり年。
運動会の直前に高熱を出し不参加。
夏休みに入る直前に盲腸の手術をして、休み中安静に。
今回の学校行事も前日から39℃の熱でお休みしました。

丸2日長女につきっきりというのもここ数年なかったですね。震えと譫言が多いので心配しましたが、やっと静かに寝始めたので私も寝ます。

老人ホームでも前触れなく39℃の熱が出た方がいらっしゃるので、今年の風邪はお腹や鼻にくるものと、バリエーションが多いのかもしれません。

急に乾燥してきたのもあり、うがい手洗いは忘れずに。
コタツにみかんでゆっくりして、水分とビタミンCの補給をしましょう。

スポンサーサイト
2010.10.30 歩き方
今日はフラメンコの先生がいらっしゃいました。
鍛えられた下半身は流石のヒトコト。
練習後の体操をどうしても疎かにしてしまいますね~と苦笑いしながら、身体の使い方のお話をしてお互い勉強になり、楽しい施術となりました。

日常的な歩き方は、踵から接地して小指に向かって踏んで最後に親指で蹴り出します。
先の細い靴だと指が重なるので指が使えず、歩き方も崩れます。
足と足首の歪みから膝→腰へと進んでいくので、とくに女性で立ち仕事の方はお風呂のなかで足を揉んでおきましょう。

キネシオテ―プを足の裏に貼ったり、寝るときに足指を広げるなど簡単なケアを続けると予防になります。

武術で歩法は基本であり秘伝です。
太極拳などの歩き方では、重心を落として地面を蹴らずに足の裏全体を引き上げるようにします。
臀部から背中の大きい筋肉を使って動くことになるので、練習すると結構な運動量になるでしょう。
慣れると駅の階段などを疲れずに一気に駆け上がれるので便利ですよ。


2010.10.24 人のせい
耳掻き店員殺害事件の供述をチラッと見ました。
被害者の方が悪いと言わんばかりの内容で、小学生じゃあるまいしとあきれます。

人のせいにしたところで、やったのは自分。
分かれ道で、どちらを選ぶかは自分自身。
どちらを進んでも、やってもやらなくても、自分の人生は自分で責任を取るしかない。

裁判員が死刑を求刑するかで注目されていますが、ご遺族にとっては失礼な話ですね。
そんなことと関係なく、しっかり審議してもらわなくては。


2010.10.22 目線
2カ所の老人ホームと関わっていますが、職員の意識や仕事の態度が対照的で面白いです。

何の為に仕事をするのか?

自分が会社の中でのし上がりたいという野心が見える人は、鼻につくけど頑張れよと応援しています。
彼らはそれだけの仕事をしようと努力していますから。

のし上がる意欲もなく、ただ自分の評価が上がること(それも低いレベルで)を目的に動いている人は、明らかに相手によって態度が変わります。
上司と後輩・クリアな方と認知症の方・正社員とパートなど。
社会経験のない人に多いので、痛い目を見なければ分からないのでしょうね。


今朝は久しぶりに老人大好き!というスキンシップを見ることができて、少し癒されました。
何を大事にするか、どこを目標にするかで、同じように仕事をしても中身は全然違います。
真面目に仕事をするのは当たり前。もう一つ先を見ていたいですね。

2010.10.17 嫌われ役
人を疑うのは気持ちの良いものではありません。
が、敢えてそうしなければならないときも。

諸事情から今回は私が周囲にプレッシャーをかける役。
一般論的に「これまずいよね~」と言いつつ、心の中で剣を突きつけています

顔色が変わる者・黙ってしまう者・変わらない者といますが、少しは抑止力になったでしょう。

北斗の拳のラオウではありませんが、無法地帯は恐怖で縛るしかないことも。
弱者がタ―ゲットとして固定されてしまうだけに、「この人には何をやってもバレない」という姑息な性根は叩き潰します。
そこまで腐ってはいないと信じていますが。

2010.10.17 波動
波動という言葉、実はよく分かりません。

患者さんとバッチフラワ―の話題になって、

花そのものを植えた方が効くんじゃない?

綺麗なまま保てないから、最高の姿の波動だけ取るのでは?

などと話していて、気療もそういうことやっているのかなと。イメージだけ掴めたようです。
先週から怒りの波動を撒き散らしていましたが、感じる人には迷惑なことをしていたなと反省。
ただし、怒りの波動を我慢したら自分が壊れるので、どのように伝えるかが要なのですね。

2010.10.13 一線
越えてはならない一線。
いろいろな場面であります。
相手に対してであったり、自分の誇りであったり。

常識を知らないから失敗しましたというのは、勉強すればよいだけの話。

人の心を傷つけ、自分の魂に染みをつくる行いは許しません。
自分が一線を越えてしまっていることに気づかないのは哀れでありますが、社会人になった以上、自ら学ぶ力はあるはず。
自業自得です。


2010.10.12 素顔
訪問治療にうかがうと、意外な一面を見ることも。
先ほどの施術では、外では几帳面で丁寧な方も、ご自宅ではリラックスして、こんな笑顔をされるのだと嬉しくなりました。患者さんの生活環境に入らないと分からないこともたくさんあります。
その辺りが訪問治療の強みですね。
先ほどTVで不妊治療について放送していました。
シリーズなのか、先週も見たのですが、今日は不妊治療経験者の生の声の紹介的内容。

出口の見えない閉塞感の中で頑張り続けるのがどれほど辛いか、一緒に見ていた妻が「これを見て周りの方が思い遣りを持ってくれればね」と。
不妊治療を始めた家族がいるので、周囲のひと言がどれだけ重いか敏感になっているようです。

不妊治療中の方にとって悪気のない言葉でも、どうしても責められているように受け取ることが多いのです。
「早く」とか「まだ」は禁句ですね。

不妊治療に行く朝にこういう番組を目にするのも、偶然ではないかもしれません。

気が付いたら月曜日…
1日が24時間って本当なの?って疑ってしまいます。

今日は義理の弟さんの実家でバ―ベキュ―
私は極度のめんどくさがりなので親戚付き合いもバ―ベキュ―も正直気が進まなかったのですが、肉を焼き始めたら楽しくなってきました。
焼いて焼いて焼き続けて、ビ―ルとベ―コン数切れでお腹は満足。


お父様がア―チェリ―歴30年ということで、お部屋にあった弓を引かせてもらい、今度ご一緒させていただくことになりました。
フィールドというそうで、山に入って足場の悪い中で射る競技なのでなかなか実践的。
ア―チェリ―の話を始めたら止まらないお父様なので、お会いしたのは2度目ですが気が合いそうです。
実際に行けるのは来月なのですが、ハマりそうな予感。


やっぱりめんどくさがりはいけませんね。
バ―ベキュ―がこんなに楽しいとは思わなかったので、今までもいっぱい楽しい事をスルーしてきたのでしょうし。
体験の機会は逃さないほうが得ですね。