2011.09.27 家族の支え
病気・怪我の回復には御家族の支えが必要です。

社会との関わりが減ったり、今まで出来たことが出来なくなる無力感から、鬱になることもあります。

理性的な判断が出来なくなったとき、傷つけないようにいたわるのが正しいとは限りません。
心が通っていなければ、いざという時どういう態度を取るべきか分からなくなります。

昔の元気な姿ばかり求めて、今目の前にいる患者さんの状態を見ていなかったり、優しさのつもりで回復の機会を逃がしたりということもあります。

家族がただの同居人にならないように、日常を大切にしたいですね。

スポンサーサイト
お彼岸のご供養でお経をあげていただきましたが、今回はいつになく重かったです。

息苦しさと、初めて空気の冷たさを感じました。

我が家の前の墓地にもたくさんの方がいらっしゃいましたが、お彼岸が終わったから終わり、ではなく、日常のご供養もしっかり継続していかなければと思います。

2011.09.22 靴の減り方
昨日の台風で3時間ほど歩き、何かを踏んで靴底に穴が空いてしまいました。

こんなときでないと靴をひっくり返して見ることがありませんが、靴底には歩き方の癖がハッキリ出てます。

私の場合、右足の右側が極端に減っているので小指側に体重がかかっているわけです。

ということは親指が浮いてしまって使えていないとか、右の骨盤が開いているか、膝の角度がおかしい可能性があるとわかります。

新しい靴を買いに歩いて、早速右足の使い方を修正。
足を意識するとちょこちょこ歩きになり却って身体に悪いので、みぞおちから脚が伸びているとイメージすると大股でスタスタ歩けます。

今は五本指の靴や、履くだけでトレーニングになる靴があり面白いですね。

2011.09.19 治療の時間差
昨日は音楽院様での施術でした。

リトミックのお話しになって、最初は子供は言うことを聞かず勝手に遊んでいるのだけど、数ヶ月経つとお互いに勝手が分かって「音楽」になってくるそう。

治療も同じですね。

鍼灸はじめ東洋医学はある程度治療を重ねないとラクになった実感が出ないこともあります。

気療の場合、数回受けた後施術の翌日に最高の目覚めでしたという報告をいただくことが多く、状態にもよりますが時間差があることも。


治療も人間関係ですからね。
回数重ねて人に言えなかった話しが出来たら身体もラクになりました、という方もいらっしゃいました。

それにしても、音楽院様では施術中にプロの演奏や発声を聴く機会がありますが、凄いです!
サックスとパーカッションでカッコイイ曲だな~と思ったら「カゴメカゴメ」だったり、音楽出来る方、尊敬します!

2011.09.14 旬の味
生産数が少ないため、一般のお店には並ばない幻の梨「稲城」を買えました。

若いご夫婦が作っていて、贈答用以外はとんでもなく良心的お値段なのです。

旬のものを食べると元気になりますね。
来年も美味しい梨をよろしくお願い致します!

2011.09.13 身近にも
子供とよく行く公園から、1キロ当たり16500ベクレルの放射線セシウムが検出されたそう。

なぜそのようになったのかは原因を調査中とのこと。
今までも自然発生的にホットスポットが出来ていたのかもしれませんが、数字で示されると説得力あります。

3m離れると0,06まで下がるそうなので、近寄らなければ公園内にいても大丈夫ですね。

これだけ離れた場所でもこんな状況ですから、原発で作業中の方々の無事をお祈り致します。

ずっと見たかった映画版「霊幻道士」のDVD、やっと買えました。

3枚三千円だったので
「チャイニ―ズ・ゴ―スト・スト―リー3」
(ジョイ・ウォンが好きなのです)

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ/天地黎明」
(ジェット・リ―が好きなのです)
も一緒に購入。


早速「霊幻道士」を観ましたが、勉強になりますね。

強い怒り・恨みを持って死ぬと気が残る。
死体に気が残るとキョンシ―になる。

そんな台詞がありました。

生きてる人間も同じで、「七情」(怒喜思悲憂驚恐)と言いますが感情が偏ると体調を崩す原因になります。

死んでまで怒り・恨み続けるにはそれなりの事件があったとは思いますが…
生きてるうちから、サラッと流せる器の大きさを持っていたいですね。

幼稚園児から認知症の老人まで、すべての人にプライドがあります。

刺激することでやる気になったり、敵対したり。

今週はどうもプライド週間だったようで、コノヤロウからバカヤローまでいろいろ見る機会に恵まれました。


プライドって、健康の上でも大切なもの。
人様の前でだらしない姿は見せられない、というプライドをお持ちの方は、回復力が違います。
本当の意味で教養のある方は、前向きで気力も強いですね。

ここがこのように不調、あとは大丈夫。
というように、辛さに引きずられず、今日やることは必ずやってしまう。

施術している私の方が元気をいただいています。
見習いたいですね。

2011.09.07 高野山
高野山から戻って2日、やっと日常に戻ってきた感覚です。


福智院様はじめ、お寺の廊下を濡らしながら参拝させていただき、ありがとうございます。
全員靴までぐっしょりだったから、掃除が大変だったでしょうね。

普通じゃない状況を全員が普通に消化していたのが、笑えました。
心配とか躊躇が欠片もなかったですから。

次の高野山は11月頭。
紅葉観れるかな?