2011.12.31 良いお年を!
日本だけでなく世界的にも激動の一年でした。
来年は辰年。
さらに激しくなるかもしれませんね。

元気があれば何でもできる!

お馴染み猪木さんのキャッチフレーズですが、本当にそのとおりです。
今年一年お疲れ様でした!
来年はさらに元気にガンガン行きましょう!


スポンサーサイト
2011.12.31 家族団欒
夜、家族で久しぶりにス―パ―銭湯に行ってきました。
さすがに年末で混んでいましたが、遅い時間だったので少しゆっくりできました。

3世代で来ている家族がけっこういて、あちこちで鳴き声や笑い声が響いていて微笑ましいかったです。

ちなみに65歳以上の高齢者人口は23.3%で去年より+24万人で過去最高を更新。
出生数は107万1304人とのこと。
なんと29秒に1人生まれている計算になり、ちょっと嬉しくなります。

今年もあと1日。
楽しく過ごしたいですね。

2011.12.29 酔い醒まし
仕事納めで飲んできたのでしょう、酔っ払いが道路で寝てました。

この寒さですからね。
いま身体を壊したら、せっかくのお正月が台無し…
といいつつ、今は窓全開で仕事しています。

飲飲後にはスポーツ飲料を1リットルとウコンを飲んでます。
浸透圧の関係で細胞の水分が血管に引き込まれて脱水状態になるので、アルコールではない水分を補給するのです。
ウコンは身体に負担をかけずに肝臓を助けてくれます。

翌日に残りにくいのでラクですよ。
年に1~2回は潰れるまで飲むのも良いものです。

2011.12.28 8割が雲でも
不妊治療をやっていると、ひとつの不如意が人生すべてを覆ってしまっているかのような感じを受けます。

回数を重ねてお話ししていくうちに、フッとわだかまりが溶けて明るくなられるとこちらも嬉しくなりますね。
ご主人同伴で気療を受けられた方には施術の前後で人が変わったように明るくなったと驚かれたことも。

天気の「晴れ」って、雲が空の8割を覆っていても「晴れ」なのだとか。
雲の間から差し込む光が、よけい綺麗に見えたりします。

人生楽しく生きなきゃもったいないですね。


2011.12.26 冬の過ごし方
本格的に寒くなりました。
クリスマス~お正月とイベント続きですから、元気でいたいですね。

とはいえ、冬は休息の季節。
寒さに備えて身体はエネルギーを貯める状態になります。

東洋医学だと冬は塩辛いものを食べると良いとされています。
味噌・醤油・ヒジキ・あさり・いわし等が身体を温めて水分の代謝を調節してくれます。
塩辛いカップ麺やスナック菓子など化学的に作った味のものは含みません。

お酒だと、日本酒・焼酎・ワインが温める性質を持っています。
私も中国の東北地方に留学していたときに、寒いのでアルコール度60%くらいの白酒を飲んでいました。
適量のお酒(日本酒なら1日1合くらい)は血流を良くして、血栓を溶かしたり心疾患のリスクを下げてくれます。

雪もかなり降っていますから、養生だけでなく、転倒など怪我にも注意しましょう。


今日は今年最後の勉強会。
終了後に忘年会です。

一年の締め括り、しっかり学んで楽しんできます!

2011.12.24 聖なる日
クリスマスイブですね。
駅前で讃美歌コンサートやってました。

以前働いていた病院や老人ホームでもクリスマス前後は音楽イベントやってます。

喋れなくても歌えたり、立ったり座ったり落ち着かない方でも昔の歌が流れている間は席に座っていられたり、介護時代は音楽に本当に助けられました。

聖なる日の音楽で、みんながひととき安らかな時間を過ごせたら良いですね。


2011.12.23 人それぞれ
NHKの「バリバラ」という番組を見ていました。

いろんな障害者が出ていて、カンニング竹山氏が脳性マヒの男性に代わってナンパメールを打つのですが撃沈。
バカなことやってるな~と笑って見てました。
さすがの竹山氏も障害者相手に緊張した様子でしたが、普段接していないから仕方ないでしょうね。

視聴者からメールで生の声が届くのだけど、同じ脳性マヒの方の意見で「障害者全員がわがままと思われたくない。自分はアホと思われないように気を遣って生きている。放送内容を考えてほしい」
というのを読み上げていました。

スタジオの脳性マヒの方が「あれも個性だから人それぞれで笑って見ればいいじゃない。」と言ってましたが、そのとおりですね。

子供が通う小学校に車椅子の子がいますが、普通に着替えを手伝ったりケンカしたり、他の子と変わらずに生活してます。
過剰な気遣いはかえって健常者と障害者という壁をつくるかもしれませんね。
2011.12.22 気療の効果
気功・気療って、名前は知っているけど何をされるのか分からない、という方がまだまだ多いですね。

気功と聞くと特殊なイメージを持たれますが、鍼でも「得気」といって、気が集まった感覚を大事にします。

患者さんの感想では「温かくなった」「ビリビリした」というのが多いです。
冷え症の女性が多いですから、温感は感じやすいのでしょう。
気を通すことをメインにすると、ビリビリと軽い痺れを感じるようです。
以前お灸をしようとしたら、手が触れる前に患者さんが飛び上がり、「今ビリッとした!」と驚かれたことも。
静電気ではないですよ。

炎症の気療ではメンソールのようなヒンヤリ感が出ることもあります。
脛をぶつけて親指ほど腫れた方に気をかけながらマッサージしたら、夜には腫れが引き翌日には痣も残らず治ったと感謝されたこともありました。

ただ程度にもよるので、お話しをうかがって怪しいものはすぐに病院での受診をすすめています。

不眠症・慢性疲労・腰肩の凝りには効果大ですので、一度ご相談下さい!



2011.12.19 時代が変わる
金正日総書記死去のニュースを見てTVつけっぱなしの1日でした。

やったことの是非は置いといて、死ぬまで一国の指導者でありつづけるというのは凄いことです。
国民の思い・諸外国の圧力・裏切られないかという恐怖などをずっと感じているなんて想像できません。
私は絶対嫌ですね。

若い正恩氏がどのような指導者になるのかは未知数ですが、国民を飢えさせない国にする責任は果たしてもらいたいです。