FC2ブログ
立ち寄った本屋で、片麻痺の方に会いました。

杖を突いてる手で雑誌も持っていたので、頑張ってるな~と見るでもなく視界の端で見ていたら私の隣で立ち読みして、移動時に杖と雑誌を落としてしまいました。

当然お会計まで付き添ってサヨナラしたのだけど、無事に帰れたかな?
同世代みたいだったので話しもしてみたかったけど、それも変だし。

障害を持っていてひとりで買い物をするのはなかなか大変ですが、頑張ってる姿を見ると応援したくなりますね。


昔ちょっと流行った「チベット体操」
気になっていて、やっと映像を見れました。

5つの簡単な動きだけで全身に効かせるんですね。
一度チベットに行きましたが、ラジオ体操が似合う土地柄ではなかったし、厳しい冬を思えば短時間で室内で出来るものでないと続けられません。

チベットらしいのが、体操にイメージが加わっているところ。
簡単に説明してましたが、チベット密教のお膝元なのでイメージという以上に何かありそうな気がします。
気功でもイメージを使いますが、感覚を導くためのものと、それ以上のものとがあるようです。

施術で患者さんにも呼吸を意識するように誘導しますが、回数重ねた方にはもっと気のイメージを誘導してみようかなと思います。
ひとりでストレッチするにしても、イメージの持ち方で効果が変わりますからね。


2012.02.10 想定外
最悪を想定してマニュアル化しても、現実は想像を超えてしまうんですね~

ということは、どれだけ八方ふさがりに見えても必ず出口はあるということにもなる。

ちょっとバタバタしてこんな時間になったけど、これも勉強。
何かに生かしますよ!

2012.02.08 マザーテレサ
仕事前にたまたまやってたマザーテレサの映画を見ました。

感動です!!

「私は神の鉛筆にすぎない」
正確ではないけどそんなセリフがあり、インディアンのシャーマンにも同じ意味の言葉がありました。
信仰の究極の姿ですね。

やったこと自体はかなり強引。
ひとつでもパーツが欠けていたら大変なことになっていたはずですが、マザーに「もし」は無いんでしょうね。

治療も同じですね。
「治らなかったら」という不安を持ったところで、ひとつもプラスはありません。

マザーテレサにも苦しみはありましたが、不安はなかったように描かれていました。

2012.02.08 強制リセット
空手の練習に行って来ました。
2時間の稽古後、1時間皆で自主練したので都合3時間でした。

それだけやってやっと体調がニュートラルに戻ったので、いかに邪気が溜まっていたのか…
こういう無自覚のストレスが溜まっていくと、本当の病気になってしまいますからね。

1日の邪気はその日に抜いておきたいものです。

2012.02.07 告別式
今日は告別式に行ってきました。
朝、出発前に見たNHKあさイチで「がんワクチン」の特集をやっていましたが、癌を克服した方の名前(偽名だとしても)が亡くなられた方と同じ名前だったのです。

ドキッとしました。

偶然でしょうが、何か教えられた気がします。

ご馳走になったコロッケ、とてもおいしかったです。
ご冥福をお祈り致します。

今日は節分の行事に参列しましたが、いつになく厳しかったです。

体力を消耗したのか、なかなか元に戻れなかったので、今年の目標に「太る」を加えようかと思います。
BMIでも痩せと標準の境界にいるので体力向上のためにも少し太った方が良いと思いつつ、食べることから逃げてきたので。

それは兎も角、明日の準備の為に何カ所か寄ったのですが、店員さんに「袋分けましょうか」と聞かれてハッとしました。
人によっては気にするだろうし、年配の方だったので配慮してくださったのかもとか、こういうちょっとした心遣いが人に印象を残すんですね。

思いがけず勉強させていただきました。

TVで50年後の人口比率と同じ村の取材をやってました。

新聞で見て、介護の職場で話題になっていましたが実際に映像で見ると危機感が湧きます。
幼稚園が減り、小学校が廃校になり、町から人の姿が消え…
ホラー映画じゃないんだからと思いましたが、一人暮らしのお年寄りが「幸せだよ」と笑顔だったのがせめてもの救いです。

不妊治療も仕事でやっていますが、日本全体が大らかになれば自然に子供も増えるんじゃないかなと思います。
未来は決まってないのだから、政府の予想なんかはるかに超えた楽しい未来をみんなで創っていきましょう!


昨日なぜかinできなかったので、別ブログではすでにUPしたものですが載せておきますね。

初めて鍼を受ける患者さんの中には、かなり恐がっている方もいらっしゃいます。

恐いから身体に力が入って、眉間にしわが寄ってたりしますが、実際に打ってみると
「もう刺さってるんですか?」
と一気に安心されて緩んできます。

恐がってる方のほとんどが注射針のイメージなんですね。
縫い針くらいのでグサッといくのも効きそうですが、メインで使うのは太さ0.5ミリ以下のものなので、髪の毛くらいのイメージです。

何も感じないように打つときもあれば、あえて響き(痺れ感や重い感じをいいます)を出すこともあるし、刺したまま置くときもあれば、すぐに抜くときもあります。
先端が丸い鍼で擦ったり圧したりする、刺さない鍼もあります。

ひとくちに鍼といってもいろいろな種類と技術があるので、きっとご自分に合うものが見つかると思いますよ。


2012.02.04 節分
節分でしたね。
去年は護国寺に行ったので、今年も神社かお寺の豆まきに行ければと思ってましたが無理でした。

その分子供たちと豆まきやったので良いかな。
昔は多くの家から「鬼は外~福は内~」と聞こえてきましたが、今では全然聞こえなくなって寂しいですね。

我が家は妻が率先して窓と玄関開けて、大声で投げました。
私はやっぱり鬼役なので、子供が作った鬼の面付けて、外まで追い出されてました。
寒いですね。

行事の意味は子供がそのうち興味を持って自分で調べてくれたらなと思います。
楽しい思い出が残れば、自然と伝統は繋がっていくのでしょうね。