夫婦間の意識の違いって、一番身近だからちょっとでも違うとものすごくイライラしたり許せなくなってしまうことがあります。
不妊治療をやっているのに仲が良くないというお話しも時々耳にします。
治療家の立場で患者さんの家庭問題に口を出すべきではないですが、
何かの代償として子供をほしがっていないか、ちょっと考えてみてと言いたくなることがありますね。

夫婦も親子も、考え方や信条が違って当たり前。
違いを責めるのではなく、楽しめるようになれたらきっと毎日が楽しくなりますよ。



スポンサーサイト
2013.08.10 食が基本
身体は何でできているかと言えば、日々の食事です。
慢性疾患がある場合、食べ物や水を変えたり、野菜から食べるなど食べる順番を変えると
血糖値の急激な上昇を緩和できたり、皮膚が綺麗になったり目に見えて改善されることもあります!
骨折後の経過を見ている犬の患者さん?がいますが、骨折後しばらく療養食だったものを肉食に変えたらすぐに身体つきががっしりして、体力も戻ってきました。
胃腸に負担をかけては治りも遅くなるのでタイミングを間違えてはいけませんが、
胃腸も鍛えないといけませんね。

この暑さで食欲もおちますが、胃腸薬を飲みながら無理に食べるより
鍼灸や気療で身体をスッキリさせて、楽しく食事しましょう!


羅漢堂鍼灸治療院
http://www.rakando.com