2015.02.26 スマホ
昨日は1日スマホを持たずに行動・・・・・忘れただけですけど。

スマホの使い道って、メールと地図と乗り換え案内くらい。あとは暇つぶしのゲームか。

リピーターさんだけだったので、スマホがなくても特に困りませんでした。

むしろ繋がりが切れているので休めた気がするくらい。

もともと一人が好きなので、いつでも連絡出来る状態って便利で助かることも多いけど
煩わしさも強いですね。

もっと文明の利器に慣れなきゃ。
スポンサーサイト
2015.02.25 継続
今日は茨城県へ出張。
電車の時間制限と、自営業をされていることもありほとんどお話しすることも出来ませんでした。
慌ただしいのはいけませんね。
それでも皆さん効果はしっかり感じていたようです。

一回で完治する性質のものでは無いですが、治る感触は十分あります。
諦めずに(私に限らず)治療を継続して下さいね。

2015.02.24 トピック?
週ごとや月ごとに似た患者さんが続くことがあります。
今回は不思議と脳の疾患が続きます。
季節の変わり目で関節痛、とかなら分かり易いのだけど、ほとんどそういう依頼は無いですね。
明日は往復10時間の遠方出張。
早目に寝ます。





2015.02.22 真っ直ぐな心
今日は月一回ある詩乃先生のお祈りの日なので、霊障が原因で発病された患者さんをご案内しました。

魂の力がかなり強いため、何か使命を帯びているかのように敢えてしんどい土地を選んで住んでいるようでした。
ご自身の病気よりも霊障がご家族に及んだこと、先祖が苦しんでいることに涙されるほどの真っ直ぐな心の方で、1000日続けて先祖供養を続けることも迷いなく「やります!」と即答され、それが言葉だけで無いことが伝わるので本気で応援しようと思います。

霊障が原因の場合、身体の治療だけでは焼け石に水です。
この方も手術したもののあまり変化が無かったのですが、先祖供養を続けるうちに肉体も変化してきます。
今まで効果が薄かった薬が効き始めたり、傷が治り易くなったりします。
その上で気療なり鍼灸なりをすれば回復が早くなります。

また、魂の力が強いとコントロールが難しく感情の起伏が激しくなり易い傾向があります。
スポーツでも陶芸でもなんでも良いので意識を外に向けられるようにしましょう。
武道は身体と心の修行になり、力の使い方を覚えるには最適です。

今週は数人、強くて真っ直ぐな魂の方にお会い出来て、忙しいながらも穏やかな時間でした。
ありがとうございます!



今日は詩乃先生の面接と私の施術のご予約でしたが、連絡無しでのキャンセルがありました。
他の患者さんにもご迷惑をおかけすることになるので、再度お申込みいただいてもお断り致します。
キャンセルの際は必ずご連絡下さい。

時間が空いたので詩乃先生に身体を診ていただき、気が弱い部分を修復していただきました。
腰の幽体とか身体のオーラに当たる層に斧で斬られたような傷があったそうです。
前生のどこかでそういう死に方をしたのでしょうね。
よく自分で治す方法を聞かれますが、自分の気で治そうとしてもなぜか効かないことが多いのです。
家族を診るときも感情が入ってしまうので見えずらいですね。
おかげさまで腰はちゃんと繋がってる感覚に戻りました。
人にやってもらう事はほとんど無いので、面白かったです。
2015.02.20 薬の影響
ときどきちょっと変わった体質の方に出会います。
邪気うんぬんの話ではなくて、物質の身体のほうで。
だいたい職業や長年やっていたスポーツなどで身体にパターンがあるのだけど、それにまったく当てはまらない人もいて、不思議な感じです。

後から薬の影響と分かったりするのだけど、そうなると症状を緩和するための薬が他の部分に影響してることも多いので、余計体質が読みにくくなりますね。
ひと昔前、免疫に関する本が流行りましたが、実際の症例を見て納得しました。
薬の使い方には気をつけたいですね。

2015.02.19 邪気
今日は邪気を 抜きまくる1日でした。

恨まれたり嫉妬されてたり、ご本人は何もしていなくても家族が邪気を家に持ち込んだりすれば身体に影響します。

「邪気」というと特別なもののように感じますが、例えば誰かにじっと見られ続けていたらなんとなく気付くし、目の前で睨み続けられたらいい気分にはなれません。
そういう事の延長と思えば少し受け入れられるかな?

自分で浄化出来れば良いですが、そのためには意思の力やらなんやらの訓練が必要です。
まずは身体を動かすようにしましょう。
2015.02.18 宣伝
さっき書いたブログがなぜか消えてしまいました。
載せるなってことなのかな?

漫画絡みの内容だったので、漫画のリンクを貼っておきます。
流水りんこ先生が描いて下さいました。

あなたが体験した怖い話 2015年 03月号 [雑誌]/ぶんか社

¥650
Amazon.co.jp

あなたが体験した怖い話 2015年 01月号 [雑誌]/ぶんか社

¥650
Amazon.co.jp

内容は全部実際にあったことです。
普段は普通に身体の治療をやってます。
鍼灸が合う人もいれば気療が合う人もいて、気をかけると血流が促進されたりズレた骨が矯正され易くなります。
東洋医学で扱う邪気以外のものも扱うのが他の治療家さんと違うだけですね。

2015.02.17 外に出る
病気をきっかけに引き籠りになってしまう事ってよくあります。
外出先で倒れたらとか、周りの迷惑になるからとか、気持ちはよく分かります。

でも、病気と分かっていて誘ってくれる人達は、あなたに元気になってもらいたいから誘っているのであって、途中で倒れたとしても誰も迷惑とは思いません。

億劫にならず、怖がりすぎず、出来ること出来ないことをコミュニケーションとっていけば行動範囲も広がり、今の自分に出来ることが思いがけず多いことに気付くかもしれませんよ。
2015.02.16 頑張りかた
仕事・食事・睡眠のバランスが取れれば取り敢えず大きく体調を崩すことはないですが、
自分のことは考えずにやらなきゃならない時期って、人生のどこかで必ずあると思います。

今日は、私だったら一週間でダウンする生活を20年近く続けて来られた方でした。
どう考えてももっと大病しておかしく無いのに、守るもののために突っ走ってきて
まったく悲愴感がない、すごい精神力というか耐えているという感じでも無いので根本的に何かが違うのでしょうね。

とはいえ身体は信号を出しているので、鍼と気療で筋肉を緩めて血流を整えました。
運動の時間が取れないときは、仕事中に足を動かすだけでも違います。
どれだけ忙しくても、一週間の間にどこかで緩急つけられると良いですね。