FC2ブログ
健康を害するものって、睡眠不足とか偏食とか運動不足がすぐに思いつきますが
家に気付かずに負のエネルギーを呼び込むものを置いていることがあります。

骨董品は前の持ち主の思いが残っていたり、盗品である可能性もあります。
ある種の絵画もちからのある方が描くとどこかと繋がりやすくなります。
空き箱が沢山あると中に邪気がたまり易くなります。
死んだペットを敷地内に埋めるのも生きてる者の精気を奪い、病気になりやすかったり子供が出来にくくなったりします。

良いものだけに囲まれていられれば良いですが、購入前になぜそれが欲しいのかちょっと考えてみましょう。
部屋を写真に撮ってみると、肉眼で見るよりも必要なものと不必要なものがはっきり分かったりします。



2015.03.09 住環境
脳疾患の後遺症では痛みや痺れが現れますが、脳の異常信号なのか麻痺を庇って動作した筋肉痛なのか身体が弱ったことで起こる2次的なものかで対処が違います。

どれか一つだけが起こることはほとんど無く、麻痺側は筋力が弱い上に倒れないようにスタンスを広く取る傾向があるので、股関節がズレていることが多いです。
動けない時間が長いと筋肉が落ちるので背骨もずれ易くなり、脳由来ではない痺れが出ることもあります。

エレベーターが無い建物の2階より上に住んでいると、歩けないと家に帰れないのでリハビリの真剣さが違います。
不便な方が良いこともありますね。

住環境は病気の発症にも関係します。
川や海の近くなど、湿気が溜まりやすいとカビも生え易いし体温調整も狂って来ます。
湿気はイライラの元にもなるので(湿気った夏の暑い日には犯罪率が高くなるそうです)高齢で高血圧だと夏場は気をつけないといけません。
あんまり酷いときは再発の危険もあるので(もちろん住環境だけが原因ではないですが)引越しを考えた方が良いかもしれません。



2015.03.08 子供の怪我
昨日、部活で野球部の子達がポリタンク抱えてうさぎ跳びなのかジャンピングスクワットなのかをやっていて、ギョッとしてたら、娘(バレー部)が帰って一言「あれ空だよ」と聞いてホッとしました。
一年生がバレないように水を抜いているんだとか(ー ー;)

運動やってる子供の怪我って、サボってるんじゃないかと思われたり、逆に心配し過ぎて出来ることをさせなかったりと、周囲の大人の意向が絡み出すとおかしくなります。
その子の体力と成長度合いを見誤ると一生引きずることになりますからね。

フィギュアスケートの選手の小中学生を診ていたことがありますが、子供の筋肉とは思えない張り方の上、寒い場所に長時間いるので冷えもありました。
ひと月ごとくらいに痛みが出ていたので、予防のためにも定期的にケアした方が良いですね。

2015.03.07 術後ケア
手術をして病気は治ったけど痛みが消えなかったり、体力が戻らずに生活の質が落ちたりといったことがあります。

原因はいろいろで、手術の傷痕が引き攣っていたり、骨がずれていたり、痛みに意識が行き過ぎて自分で痛みを増幅していたりなんてことがあります。
臓器を摘出した場合はどうしても時間がかかりますね。

今日は術後の経過は良いものの、患側の肩凝りと触れるだけで痛みがある状態の方でしたが、気療で筋肉を解して気で鍼を打ったらほぼ痛みが消えました。
お仕事柄、ネガティブな方に囲まれているので余計に全身が固まっていて、それも痛みの原因になっていました。

家に帰ったら心身緩められるように、明るく過ごせる環境作りは必要ですね。

誕生日のお祝いメッセージをたくさんいただき、ありがとうございます。

今日は妻にちょっとしたトラブルがあったものの、すごいタイミングの良さで事故無く切り抜けられました。
といっても私は電話しただけ。
皆様のお力と愛情に支えられて、これも妻の人徳でしょうか?

明日からまた皆様の力になれるよう頑張ります。
2015.03.02 同窓会
20年前に留学先で一緒だった仲間と久しぶりに会いました。

会って良かった部分と会わない方が良かった部分と、基本変わってないけど20年はやっぱり長いですね。

それにしても病気率が高いようです。
40前後なので身体も変化してくるのは当然だけど、気をつけないといけませんね。
2015.03.02 雨の中華街
雨でしたが、病気から回復中の方のご希望で中華街にご一緒しました。
足が痛いというものの、前回お会いしたときよりも体幹に力があり、雨なのに私より早足で歩いていらっしゃいました。

春節の日曜日ということもありかなりの混雑を予想して、元ヘルパーの妻と子供も同行したものの
雨のおかげでイベントは中止らしくそれほど混んでいませんでした。
前回のお店を気に入って頂けたようで食事をしてから、さすがに関帝廟の階段は滑りそうだからと外からお参りし、目的の買い物を済ませて帰宅。少し頸と足の調整をしました。
動物が苦手なので子供(幼稚園児)が大丈夫か少し心配でしたが、ずっと話しかけてどんどん元気になっていたので良かったです。


2015.03.01 脳疾患
今日は今週退院されたばかりの方の施術がありました。
物品も配置もすでに出来上がっている感じだったので、今週から自宅介護がスタートしたとは思えないくらい空気が慣れていました。変な表現だけど。
ヘルパー・リハビリ・デイサービスと、これから患者さんもご家族も初めての事にペースが掴める迄大変でしょうが、不思議と不安感が無かったので大丈夫なのでしょう。

脳の疾患は現在数件受け持っていますが、気療後の反応として発語が増えたり外界への反応が上がったり、不随意運動が抑制されたりします。
自力で動けない方は血行不良を起こし易く、むくみと手足の冷えが顕著に出るので血行改善も必ずやっています。
長期戦になるのでご家族も頑張りすぎず、ときには休むのも必要です。
患者さんにとってより過ごしやすい生活になるようにお手伝いします。