2015.03.29 前向きに
病気や怪我で後遺症が残ることがありますが、それでも楽しく生きている方が大勢います。
これしか出来ない、か、これだけ出来るようになった、と思うか、その差はものすごく大きいです。
気持ちが内向きになってしまったら、善意の人とも交流が途絶えてしまったり、疑い深くなったりしてますます孤立します。

自分が出来ることを再確認して、少し馬鹿になりましょう。
いくら願っても病気する前に時間が戻ることはありません。
自分が思っている以上に周囲の目は温かいですよ。
スポンサーサイト
2015.03.26 介護人形
施設に行ったら、「うなずきかぼちゃん」なる人形がカウンターにいました。
カボチャ頭の男の子のヌイグルミ。中はターミネーターのようなマシーンが入っているっぽい。
ピップエレキバンの会社が出している介護人形とのこと。
撫でたり話しかけると反応してくれるのです。
職員さんと会話していると突然「そうだね」とか「ありがとう」とか合いの手を入れてくる・・・
なんか怖いのでスイッチoffにしました。

一日中同じ事を繰り返し聞く方や、寂しくてどうしようもない方が高い高いして遊んでたりするそうです。
いずれロボットに介護される時代が来るのでしょうね。

今日は原因不明の痛みの治療でした。
病院では検査で異常が無いので薬も出ず、何も対処が無かったので代替医療をいくつか受けたそうです。

体調不良は身体や気の調整だけで解決できるものばかりではありません。
気療(といっても気をいじる以上までやりましたが)で痛みは取り動きも改善しましたが、根本原因を解決するにはこれから長い時間をかけてご自身でやらなければいけないことがあります。
本人の強い意志と周囲の理解が必要ですが、この場合私なら理解しないまでも反対するような相手だったら別れます。
同じ事を繰り返さないためにも頑張って欲しいですね。
幸い武道の道場が近くなのでお勧めしました。
身体と心の繋ぎ方と距離の置き方を学ぶにはベストです。
自分勝手な技は掛からないし、近ずくと危険な距離も身体で覚えられますから。


思いがけず某神社がすぐ近くだったので、治療後に案内していただきました。
某武道の本拠地で開祖の像がありましたが、さすがに掃除がゆき届いていました。
そして某天狗の神社。お参りの後強い風が吹きました。
今度は仕事抜きで行ってみたいですね。



病院や老人ホームなどで働くには相当なエネルギーが必要です。
人の生き死にの現場なので様々な感情と魂の動きがあり、女性は命を宿す子宮があるので特に影響を受け安いので注意しましょう。
患者さんが「摘出したら影響を受けなくなって楽になると思ったが違った」と仰っていましたが
摘出手術したとしても、そこにスペースができるのでかえって邪気が溜まり易くなったり気のルートが別の場所と繋がってしまったりします。
全員がそうなるわけでは無いので、スッキリ治る方も沢山いらっしゃいますが。

仕事が終わったら真っ直ぐ帰らず寄り道して、職場の空気を自宅に持ち帰らない、気持ちをリセットしてから帰るようにしましょう。
週一回でもジムに行くなり走るなり運動しましょう。汗と一緒に身体に溜まった邪気がぬけていきます。
サウナやお風呂で汗をかくのとは違うので楽しないで下さい。
抜けきれないものは必ずあるので、月一回気療を受けるなどしてメンテナンスは必要です。

空手の試合に出場しました。
結果は四位。八人中四位・・・
攻めきれなかったり、後半失速したり、緊張で動けなかったりと課題はいろいろありました。
でも楽しかったです。
押忍
2015.03.21 広げる
昨日今日と患者さんから今週の火曜日から急に調子が悪くなったと言われました。
何かがシンクロしたのか分かりませんが、けっこうこういうことありますね。
症状はそれぞれ違いますが、皆さん元気になって良かったです。

身体の力を抜く話をよくしますが、身体だけいじるよりも、1枚の写真(どんな写真でも)からイメージ掴んで一瞬でその状態になれることがあります。
不思議ですが、音楽だったり風景だったりのこともあるようです。

現在の状態を聞いているのに、昔の痛みのお話を繰り返す方がときどきいます。
人間痛い・苦しいのネガティブな方に引っ張られ易いですが、意識を変えないと身体は回復しているのに自分で幻の痛みを作って悪循環に陥ります。
長くその状態でいると本物の病気を作り出すことに繋がるので、冷静に自分の身体を観察してみましょう。
出来ること出来ないこと、昔の痛みを10とするなら今はどれくらいかなどを紙に書いて見ると良いです。
一点集中が良いときもありますが、心を開いて視野を広く持って周りを見れば気付くことがたくさんありますよ。
2015.03.17 精神疾患
プチ鬱などは別として、精神疾患は回復に時間がかかります。
虐待や今話題の○○ハラスメントなど原因がはっきりしているものでも、行動と思考のパターンを変える為には投薬やカウンセリングを続けて、年単位の時間が必要です。

稀に見えないものの影響で精神疾患になる方もいるので、そのときはスピリチュアルな方面の力を借りると回復が早くなります。
また、昔の事故で高次脳障害になっている可能性もあるので、心当たりがあればそちらの検査も受けましょう。
気療でも扱うことがありますが、反応は様々で一概に言えないものの皆さん睡眠薬の量は減らせるようになっています。
2015.03.16 便利な時代
調べ物をしていたら、昔の情報を再確認出来ました。
いい時代になったものです。
電子書籍はほとんど使ったことが無いのだけど、とても手が出ない本が国会図書館経由で無料で読めたり、昭和初期の絶版本が保存されていたり、ものすごく助かります。
調子に乗っていたら、ついマヤ・アステカの本と中国医学の成立を神話から追った本を衝動買いしてしまいました。
どんどん本が貯っていくのは悪い癖ですね。
2015.03.15 美しい姿勢
骨が歪む原因は、第一に日常の身体の使い方です。
昔は腰が直角に曲がったお婆さんをよく見かけました。
農業でずっと腰を曲げていたからでしょう。大きな籠をしょって売りに来てましたね。
疲れたからと甘えること無く働き続けた、曲がっていても強い身体です。尊敬します。

若くて歪みが酷い場合は筋力不足かもしれません。
背骨の両脇の脊柱起立筋はじめ抗重力筋群が弱いと、背中が曲がって腹と膝が突き出たお年寄りの姿勢になってしまいます。
ソファに浅く腰掛けてもたれ掛かった体勢はいけません。
深く腰掛け、腰が垂直になるようにして胸の力を抜きましょう。
美しい姿勢は無理が無いので血流も整い、作業効率も上がりますよ。
2015.03.13 動物の力

なぜか動物に好かれます。
好かれ過ぎて犬にかじられた事もありますが。

お客さんが来ると押入れに入って絶対出て来ない猫がすり寄って来て飼主さんに驚かれたり(二軒でありました)
治療しているペットでも、普段は目が悪いので物にぶつかったりそれ以上先に進めなかったりする子が、毎回私が来ると治療前でもぶつかること無く移動出来たりします。

レントゲンではっきり感覚器に病変があると分かっていても、嗅覚など動物はそれを補う力が強いですから心配しすぎるのもかえって動物にとってストレスになっているのかもしれません。
家族の一員なのは良いとしても、ペットは人間ではありません。
病気はしっかり治すにしても、動物の本来持っている力を信じてあげた方が活き活きしてくると思います。