2015.04.26 守護猫
今日は久しぶりにグロテスクな モノを見ました。
気分悪くなる人もいるので、何を見たかは書きません。

今迄普通にお身体の施術だけでそういう話題が出ることが無かっただけに、そこまで異常事態が起こっていたとは知りませんでした。

異常事態を封じたのは、まだ一歳の猫。
その子を飼ったらピタリと止んだとのこと。
その代償か、一歳なのに両手分の大きさにしか成長出来ていないのです。

連れて来て頂いたら、いつも見る子でした。
明らかにのせていたので写真を撮ったら、飼主さんが見ても解るくらいあり得ない状態で撮れました。
勿論、乗っていたものは消しましたが、解決するにはやらなきゃいけないことがたくさんあるようです。


今週は治療以外の案件が多かったですね。
今日はさすがに疲れました。

スポンサーサイト
2015.04.24 日常の行い
今日は七年原因不明の痛みを抱えていた方 の施術がありました。

肉体的には病院での検査では異状に当たらない、ちょっとした変化が幾つも集まっていたのと
向こう側からの影響によるものでした。
施術後痛みは消失したものの、家族間の影響もあるので難しいですね。

自分が知らずにやってしまったことは反省のしようが無いだけに厄介です。
日頃の行いに気をつけ、注意散漫にならないようにしましょう。




2015.04.22 遠方から
愛知県から親子で患者さんがいらっしゃいました。
一泊して、二日続けて施術を受けて帰られました。
親孝行の形はいろいろあるけど、やっぱり親にはいつまでも元気でいてもらいたいですね。

ホームページには出張範囲を東京・神奈川にしてありますが、それ以外にも出張しています。
今までのところ、東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・大阪に行っています。
交通費など出張費が高額になるので、一回の治療としては現実的ではないと思うので範囲を限定しました。
今回の方も膝の手術待ちで歩行困難でしたが、東京・神奈川以外は出張しないと思われて東京にいらっしゃったので、次回は愛知に出張します。

症状をうかがって長期治療が必要なものは地元の病院や治療院に行くよう提案することもあります。
私が行った方が良いときは遠方にも出張しますので、ご相談下さい。
2015.04.19 敬意と感謝
何十歳だか過ぎたら、顔に責任持てだかなんだかそんな諺だったかな?あったような記憶があります。
その人の修養って顔に表れますね。
感謝の心が無かったり、保身に走ってたり、捻くれてたり、単にバカだったり・・・

患者さんが入院する原因の一端となった人を偶然見かけたのだけど、命を預ける人間は選ばないといけませんね。
所属する場所で立場があっても、部外者からみればただの無礼者にしか映りません。

お客様は神様です、的にかさにかかってくる人もいれば、身体を預ける以上泣き寝入りしなければならない状況もあったりで、どちらもムカつきますね。

私は患者さんと対等に付き合って行きたいですね。
治療に関する生活の注意などでは、指導する場面もあるので上下関係がありますが、お客様は神様とは思っていないし、治療家が偉いとも思いません。
人間同士の付き合い、敬意と感謝を忘れずにありたいですね。



2015.04.18 頑張ってる手
今日はお仕事でマッサージを始められた方がいらっしゃいました。
熱感が出て指が伸びないので、1日終わると冷やしているそう。
それだけしっかり仕事されてるんですよね。
最初は手が痛くなりますからね~

私も経験あります。
今だにときどきバネ指になるので下手クソなままなのでしょうね~~

頑張っている人っていいですね。
元気をもらいました。




2015.04.17 何事も経験
今迄扱ったことの無い症状のご依頼が増えて来ました。
治療家の範疇じゃないものもあるので反応を探りながらですが、新しい発見もあり患者さんには悪いですが、面白いですね。

昨日は師匠にお願いし、高エネルギーが入った状態を体験させていただきました。
体質が違うし必要なわけでも無いのだけど、ただ体験してみたかったのです。
なんだかんだ言っても、そういう特殊な状態って興味あるじゃないですか?
短時間でしたが、これでしっかりご縁が出来たので毎日降りていただきます。
何事も経験してみるものですね。楽しかったです。
やっと道場に行けました。2週間ぶり。
師範にはお腹が出ているのを見破られる始末。サボっているのがバレバレです。
正直、今日は道場の灯りが見えたときホッとしました。
自分でも知らずにいろいろ溜め込んでいたんでしょうね。
今日もボコボコにされましたが、今はスッキリしています。
強くなってもっと空手を楽しもう!

2015.04.14 限界
無理が続けばいつか限界が来ます。
理想と現実の差に心が耐えられなくなったとき、正直に助けてと言える人がいるか?相談できる人がいるか?
それが家族であれば一番良いのですが、不妊治療や介護では家族だから話せない事情もあります。

現実を見てそれが本当に自分や家族の幸せに繋がるのか、客観的に考える必要があります。
夢を持つのは良いことですが、恐怖・妄想・依存心・執着が行動原理になっていないか自分の心に聞いてましょう。

2015.04.11 押し付けても
何のために結婚するのか?
人によって違って当然なのですが、どちらか一方の価値観を押し付けても幸せにはなれません。
不妊治療のために不健康なものを遠ざけることで、心が病んでいくこともあります。
一方に不妊の原因がないから偉いわけでもない。
相手の努力に敬意を払わなければ、結婚生活自体が壊れます。
まずは二人が幸せになることを大切にしましょう。
2015.04.10 明るく楽しく
施術のあとに雑談することが多いのですが、身体がラクになった後には日常の悩みなど普段人に言えないことが出てきます。

自分に厳しすぎて身体を壊す人もいれば、本人の性根が曲がっているから邪気を呼び寄せてわけのわからない症状が出ているなんてこともあります。

性根が曲がっているまではいかなくても、理屈でしか物事を受け入れられなかったり、自分が絶対正しいと思っていたり、劣等感が強かったり、そういう人は人間関係に潤いがなかったり衝突が多いので体調を崩しやすいですね。

いつでも明るく楽しくいられたら良いですね。
少し馬鹿なくらいがちょうど良いのかもしれませんよ。