2015.09.30 水場に注意
食欲があるのは良いことですが、急に食欲が増したり、胃が痛いのに食べずにはいられない、などは異常があります。
5分毎に何か食べないといられなくなった、という患者さんに変わったことがないか聞いたら
お彼岸の中日に夜の川原でバーベキューをやったとのこと。
川原に行ってみたら気持ち悪かったけど、会社の方と一緒なので中止出来なかったそうです。

施術では、覆っているものを祓い体の気を通して胃腸を整え、お腹の脂肪を吸収させました。
お腹周りがスッキリしたと喜んでいただけました。
何かおかしい、気持ち悪いと感じたら、そういう感覚を信じましょう。
夜に水場の近くで遊ぶのはお勧めしません。

スポンサーサイト
2015.09.27 老老介護
数年ぶりに親戚に会ってきました。
20年前に叔母は脳梗塞をやり片麻痺で、前回はまだお話し出来ましたが今は言葉が出ず、私のことも分からないようでした。
80歳の老老介護なので心配していましたが、叔父は自転車に乗り始めたら腰痛も膝の痛みも無くなって若返っていました。
慣れない介護で鬱っぽかったのも無くなり、筋肉が付くことで身体も支えられて血行が改善されたのでしょう。
老老介護だと外に出る機会が少なくなり、身体も心も刺激が少なくなるので煮詰まってしまうのを見ます。
叔父が所長だった頃、1日誰にも会わない事もあり気が狂うかと思ったと言ってましたが、人との接触は必要ですね。

認知症も後遺症も見慣れていますが、お世話になった身内だとショックでもあり、それでも冷静に観察している自分がちょっと嫌でもあり、複雑な気分です。



2015.09.25 姿勢の確認
身体が歪んだまま筋トレをやると、意外なところに負担がかかって痛みの原因になります。
左右の肩の高さが揃っているか、鼻と臍が一直線上にあるか、どちらかの足が広がっていないかなどを、鏡で確認してみましょう。
横から見たら、耳と大転子(腰の下の太腿の上にある骨の出っ張り)と踝が一直線上にあればOKです。
2015.09.25 ご供養続き
昨日はお彼岸のご供養。
今日は埼玉へ、ご供養と施術に行きました。生前は毎月施術にうかがった方であり、後を追うように旅立った犬にも気療をやっていました。
元気な頃の写真を拝見すると、不思議な感じがします。
ご冥福をお祈り致します。

施術後はじめて知りましたが、患者さん宅が明後日御参りに行く廟の近くだったので夜でしたが前を通ってみました。
月明かりだけでしたが迫力は伝わりました。
2015.09.23 子供の症状
今日はご家族四人プラス猫二匹の施術でした。
お子さんは去年よりも入院回数が減り、楽しく夏休みを過ごせたそうで良かったです。
初めてうかがったお話もあり、先天的なものは西洋医学との併用が必要です。

うちの子供も一歳前に入院したことがあり自分の経験からも、子供の症状はどうしても心配ですが、親が焦ったり苛立ったりし過ぎると子供に伝わってしまいます。
心配な時ほど冷静に。
安心した方が回復も早いと思います。
2015.09.18 思いと現実
思い・想い・想念・夢。
当たり前に飛行機が飛んでいるけど、それも「空を飛びたい!」という人間の夢が溢れ出て現実を動かしたんですよね。
離れた場所の人と話したい、という夢と必要性から、伝書鳩や狼煙やホーミーが出来て、携帯電話にまで進んだのだし。

良い事も悪い事も、人間は思って当たり前。
あってはならない介護施設の事件が報道されたけど、私も学生バイト時代から20年、介護うっすら関わってきたのできれいごとでは済まない場面に何度か遭遇しましたが、思っても行動に出しちゃいけないことですね。

最近止まっていた、明王の姿探し。じぶんが納得する姿を仏像にするという宿題。
これも思い(それっぽい言葉だと観想とか霊示かな)を現実にする作業ですね。
再開したらバラバラだったエピソードがひとつに繋がる資料が見つかりました。
パーリ語経典のカタカナ表記がサンスクリット語で変化して漢訳の仏名と繋がるには、ある程度資料が無いと分からなかったので、これもタイミングなのでしょう。

人は鳥になれないけど、空を飛べる。
若返ることは出来ないけど、体力や美肌は維持出来る。
諦めないのが大事です。
現実にするなら、自分が楽しく皆が幸せになれる夢を持ち続けましょう。
2015.09.16 赤ちゃん
今日は夜までびっちり仕事でしたが、妻の妹さんが出産されたので30分だけ子供と義母を連れて会いに行ってきました。
ご主人が遠方にいるため、里帰りしてからは妻が実家に手伝いによく出ていましたが、昨日今日は朝から一日中病院に付き添っていました。
そのせいか、妻と私が抱っこしたときだけ開眼してくれました。
赤ちゃんを見た子供の感想は「赤い」
当たり前だけど赤ちゃんて赤いんですね〜
すっかり忘れていました。
見た感じは丈夫そうなので、すくすく育つことでしょう。
なんとも言えない、久々の感動でした。


2015.09.15 普段が大事
生活習慣を直そうとしても、自分にとって当たり前なことは直しにくいです。
いつも通り運動して、いつも通り食べていると言っても、記録をつけたりよほど気をつけなければ過不足は自分では分かりません。
明らかに痩せたり肥ったり、そういう変化は他人の方が正確に見えています。
エステやジムに通ってもそれ以外の時間の方が長いのだから、普段をどう過ごすかが大事です。
通っていることに安心してそれ以外の時間をだらけていたら、何をやっても効果は薄いです。

存在するものは全て気があります。
感じるか否かは、心の開き具合と五感の鋭さに左右されます。
特に皮膚の感覚が大事です。
今日は実験で、目を瞑った状態で手をどのくらい近づけたら感じるか?というのをやってみました。
最初は10センチくらいで感じていましたが、皮膚を擦るだけで30センチ程の位置で感じることができていました。
一時的に自分の気のエリアが広がったわけですが、全く変化が無く接触するまで分からない方もいました。
なんとなくそうかなと思ったけど?という、曖昧な部分、微妙な部分を信じることが第一歩です。
気を強くするにもいろいろ方法があります。
呼吸が大事ですが、向き不向きがあるのでいろいろ試してみましょう。
私はイメージや呼吸法が苦手なので、身体を動かしながらやっています。
老子や荘子が気功の教科書的に扱われますが、有名なところで
真人は踵で呼吸する、なんてのがあります。
比喩として見るか技術として見るか、真偽は分かりませんがヒントはたくさんありますね。


2015.09.12 お灸
今日は臨月の妊婦さんにお灸をしました。
一箇所に三壮程度ですが、施術後身体が暖かくなります。
赤ちゃんもグリグリ動いていました。

妻が臨月の時もお灸やっていました。
お灸は免疫力をあげるので出産前に丈夫な身体を作り、体調が悪くても薬を飲みたくないときに良いです。
無事に産まれますように!