2015.12.27
今日はご家族五人+猫の施術でした。
2ヶ月に1回ペースですが、お子さんの入院回数が減ってきたそうです。
慢性的な病気は時間がかかりますが、施術後は呼吸が楽になり食欲が出ています。
お近くなら回数を重ねられるのですが、治療間隔が開くのでお灸など家庭で出来るもので日々継続していくことが大事です。
気功体験講座に参加されている方なので、いずれ簡単な施術も出来るようになっていただけると良いですね。

スポンサーサイト
肝臓の疾患や、脳の損傷、神経伝達物質の異常などで、感情が抑えられなくなる事があります。
はじめは協力して乗り越えようとしても、激しい感情をぶつけ続けられるとご家族にも鬱病等影響が出てしまいます。
歯止めがきかないときには、物理的な距離を取ることも考えた方が良いですね。
家族全員を治療して家の空気を変えていき、掃除や調理で介護の力を借りるなど、広範囲な対処が必要です。
気功体験講座二回目。
ご紹介で男性の参加者さんがいらっしゃいました。
お仕事の環境や新しいプロジェクトの推進でストレスが溜まり、お身体にも症状が出ていました。

座学では肝と胆のお話をサラッと。肝に関連して実技上の注意は目付けについてお話ししました。
S先生が霊視の時と同じ見方だと仰っていましたが、やはり共通するものがあるのですね。
実技では私も気を掛けつつやっています。
15分ほどで邪気が出始めた反応で立ち眩みの症状が出た方がいたので、座ってやる気功に変更。
最後に邪気を抜ききるためにミットを皆さんで叩きました。
一見関係ないようですが、強制的に気を上げることで邪気も外れていきます。
邪気が抜けると目の強さや表情が引き締まるので、明らかに変わりますね。
初参加の男性は目と耳の症状も消えてスッキリされたそうです。
気功のイメージが中国拳法などで人がすっ飛んでいくものや、合気道のように触れるか触れないかで投げられるものだったので、出来る範囲で体験していただきました。
やっぱり男性はこういう部分からが入りやすいようで、楽しんでもらえました。

次回は1月9日の予定です。
興味のある方はお問い合わせ下さい。
池袋でやってたミネラルフェアに行きました。
ここ数年石から遠ざかっていたので流行りもわからず、駆け足で見ただけでした。
そんな中で「へん石」のかっさを購入。
教科書に鍼灸の前の治療法として載っていて、実物は初めて見たので買ってみました。
ウンチクによると組成自体身体に良いらしく、擦ると遠赤外線と何かが出てさらに身体に良いらしい。
しばらく子供で実験します。
同じ店に辰砂があり、これも気になったものの、小指の先ほどでへん石が10個買えるお値段(値札無いので聞いたら店長と相談してた)
水銀の結晶なのでけっこうな重さで面白かったです。
今回はドラゴンの彫刻で素晴らしいものがあったけど、骨が材料っぽいのでやめました。
骨で彫った髑髏とか、ブラックジョークでしたね。

2015.12.07 疲れ過ぎ
バリバリ働いている方は、疲れても自分では分かりにくいようです。
日曜日は月2回継続して施術を受けている方がいらっしゃいますが、今日も終わってから「私、疲れてたんですね」と仰っていました。
長時間のデスクワークで呼吸が浅くなると血行が悪くなりスタミナも落ちます。
そうなると心の力も落ちて邪気を受けやすくなってしまいます。
施術後に呼吸法やストレッチを一緒にやっていますが、前回やった気功は継続していたおかげで肩の可動域がかなり改善していました。
このくらい、と思うことでも毎日続けるとひと月では大分違いが出ます。
1日5分、体操でもストレッチでもやってみましょう。
2015.12.05 治すのは自分
薬は効くだけに使い方には気をつけないといけません。
体が慣れて徐々に量を増やさないと効果が出ないとか、慣れないように一定期間で種類を変えるとか、下剤でも毎日使い続けると自分で排泄する力が落ちます。
本当に体調が悪いなら使うべきですが、不安だから薬に頼るのは真の健康を損なうことになります。
毎日決まった時間に起きて朝日を浴び、日付が変わる前に布団に入るように強制的にでも1日のリズムを作って整えてみて下さい。
薬も治療も、治る力を助けるだけで治すのは自分自身の力です。


やっと歯の治療が終わりました。
詰め物が取れ、ついでに根の治療をやってひと段落ついたら別の歯が折れ、差し歯を入れて最後に虫歯の治療と、半年くらい通いました。
治療中は違和感があるので噛み方も変わり、それが首肩にも影響したようで凝り易くなっています。
私は今のところ大丈夫ですが、歯の詰め物がアレルギーの原因となり頭痛が続く場合もあります。
金属アレルギー が判り、詰め物を取り換えたら症状が消えたそうです。
患者さんにも杖を木製の物に買い換えたり、腕時計をつけないようにした方がいらっしゃいました。
鍼が使えない場合でもお灸や手技と気療で効かせますので、なんでもご相談下さい。