2016.04.27 広い視野
思い込みから抜けるのは難しいですね。
マイノリティーとされる方とのお話しで、TVの取材を受けた時、自分達が不幸でなきゃいけない、虐められてなきゃいけない、というのを押し付けられているようだったと仰っていました。
大変な境遇の方も当然いるけど、その方は不便はあるけど虐められたこともなく、幸せに今迄人生送ってきたと、周囲の固定観念を笑い飛ばしていました。
広い視野で観るのは学歴とは関係ありません。
むしろ遊び歩いた人の方が視野が広いかもしれませんね。
スポンサーサイト
2016.04.26 あやしい彼女
今日はハッピーマンデーということで、映画を観てきました。
某ブログで「男ならバルト9に挑め!」的な文章を読んで、ハッピーマンデーならいけるか?と思ったものの1本目「あやしい彼女」があまりにも感動して余韻に浸りたくて挫折。
ちなみに「バルト9」とは映画館の名前ではなくて、映画館から出ずに1日に9本映画を観続ける修行(ある意味苦行)。らしい。勘違いしてたらすみません。

で、「あやしい彼女」
多部未華子さんがかわいい!歌うまい!母親って凄い!昭和サイコー!
親子で観てほしい映画です。


2016.04.24 酷くなる前に
痛みがあれば治そうと思いますが、出来れば発症前に防ぎたいものです。
未病を治す、が東洋医学の目的ですが現代は忙しいのでなかなか休めないですね。

ひとつの目安は、好きなものが好きと感じられなくなった時。
心が追い詰められているかも知れません。

肩凝り腰痛が手や足の方に移動した時。
ピンポイントで傷んでいるか、絞扼の範囲が広がっている可能性があります。

本当にダウンしてしまうと治るのに時間が掛かり、余計周囲に迷惑が掛かります。
こまめにケアしていきましょう。


2016.04.22 日本人の根
今日は新築の家のお祓いに同行。
道一本隔てて土地の影響がはっきり違いますが、とても過ごしやすい場所で新築のエネルギーもああり、きっと幸せな家庭を作っていけることでしょう。

仕事上いろいろなお宅に伺いますが、神棚が無い家も多いです。
だから悪いというのでは無いですが・・・
地元の祭りでも、神社の向かいのアパートの住人が「うるさい。こんなことやるとは聞いてない」と町会に喧嘩を売っていることもありました。

衣食住を与えてくれる自然に感謝し、その方法・技術を伝えてくれた先達に感謝する。
神の捉え方にもいろいろありますが、もともとは身近な存在だったと思います。

古い神ほど力を持っているから人類以前の神にしか祈らないとか、創造主しか神はいないから他は認めないとか、そもそもそんなものは居ないとか。
サラリーマンが直属の上司を無視して社長の言うことしか聞きません、会ったこともない創業者の言うことしか聞きませんと言ってるようなもの。
日本の根底にあるものを取り戻したいですね。


2016.04.15 苦しみを抜く
今日は2回目の猫の施術。
口から胸にかけて出血と不良肉芽があり、飼主さんがスポイトで水と流動食を与えている状態でした。
前回施術後は自分で刺身を食べるまで元気が出たものの、症状が進みトイレも間に合わず飲食もまた出来なくなっていました。

苦しまずに逝けるようにとの御依頼でしたので細かい作業はしません。
気を掛けるとすぐに私に擦り寄ってきて、膝の間でじっとしていました。
飼主さんが驚いていましたが、施術後は自分で水を飲み、トイレにも行かれたので痛みが抜けたのでしょうね。

生の最期を痛みの中で迎えると苦しみが残ります。
穏やか死を迎えられるようにするのも大事です。
2016.04.13 トラウマ
トラウマの解消にもいろいろあります。
自分と向き合って昔の自分と話をしたり、現在の環境で幸せになって埋合せたり。
精神疾患として発症していたら、まずは日常を楽に過ごすために服薬が必要かもしれません。
お会いして初対面ですべてお話になるのは難しいと思いますし、だいたいがご家族様経由でお申込みされるので、こちらも事前の情報を元に施術しています。

患者さんから前回施術後、2日間多量に水分の排泄があり体調も悪くなったが、その後ずっと頭から消えなかった思いが無くなって身体もスッキリされたとうかがいました。
何十年と溜まったもののリセットなので、好転反応も強く出たようです。
一時症状が消えても環境の影響が大きいので、ご家族のフォローは必要です。


2016.04.10 恐怖や妄想
五行思想の木に肝が配当されています。
木は上昇する力、やる気や向上心につながり行き過ぎれば自分が絶対正しいという妄執から周囲への怒りになります。

人体の一番上は頭。
木が暴走すれば気が頭に上がり考えるばかりで実行が伴わない妄想の虜になる。

気は陽で軽いので放っとくと上に上がる性質があります。
血は陰で重いので下にさがり、冷えの元になります。

腎は肝の母で弱ると恐怖を感じやすくなります。
腎は先天の気を蔵す臓器。
両親から受け継いだ精気と天地の恵みを受けて、赤ちゃんは産まれてきます。
腎が弱ると恐れを感じるの、は死への恐怖が根にあるのかもしれません。

それを補うのが脾。
消化器全般や身体そのものを指します。
飲食から栄養、営気といいますが、これを作って吸収して、腎が弱るのを補って生きているわけです。

出来たものを動かすために肺が働きます。
呼吸で邪気を出し、取り入れた空気で出来た衛気が皮膚の下を走り外からの邪気から身体を守ります。
肺の気が各部署で性質を変えて血などをは全身に行き渡らせます。

蔵器は常に動き続け、君主の官として心があります。

全身繋がっているわけですが、現代人は情報過多なせいか要らない恐怖を持つ人が多いかもしれません。
寿命が長くなっているので年齢が上がれば当然病気も多くなります。
が、所詮妄想です。
時間は今しかありません。
今を幸せに生きる以外にやることはありません。
恐怖や妄想で自分を縛るのはやめて、自由になりましょう。


2016.04.09 気功体験講座5
予告通り今日は気功体験講座の5回目。
今朝の申込みで初参加の方もあり、1回目の内容からザッと復習。
ザッとのつもりでも5回分だと結構内容が多くて、実技の時間は30分程になってしまいました。
短時間で身体を活性化させたかったので、動功と剛柔流空手の準備運動から2動作、全身のバランスと脚の強化になるものと、全身の瞬発力を鍛えて腹から動く訓練になるものをやりました。
皆さん息切れはせずにしっかり汗をかき、日常で溜まった邪気が抜けてスッキリされていました。

次回は5月14日土曜日の午後3時からです。
参加者によって内容は変えますが、実技の時間を長めにする予定です。
お気軽にご参加くださいね。
2016.04.09 今の選択
今日は詩乃先生と合同の仕事でした。
数ヶ月前に異変に気付き、対策と準備をしてきました。
急激に肉体が衰えたので、戻るには相応の時間が掛かります。
辛さに負ければ元に戻る可能性もあります。

「グリーンアロー」という漫画で、ヒーローが現実の悪と闘う巻があります。
宇宙からの侵略者でもなく、悪の科学者でもなく、悪は守ろうとしている人々の心にあるというかなり重い内容。
共通の悪を倒したら守った人々の悪が顔を出し、最後は自分たちで解決するしかないのです。
現在の自分は今迄の自分の選択でそのようになったのですから、言い訳は出来ません。
未来は今の選択で決まるので、自分の目指すところがブレないようにしましょう。


2016.04.08 人間力
今日はご逝去の連絡がありました。
数週間前まで自宅にいらっしゃり寝返りをうつのも辛い症状でしたが、出来ること出来ないこと、今はこういう状態とごく普通に会話されて、痛みに感情が引っ張られる事がない方でした。
人間力の高さとはこういう事と思います。

若いうちは自己保身や未熟さから、排他的になったり殻に籠ったりすることもありますが(私は殻に籠る方でした)ちゃんと人と付き合って自分を確立して、何歳になっても分からない事は絶対にあるのでその都度学んでいけば良いのでしょうね。

好き嫌いはあって当然。好きなモノでも体調が悪ければ要らない時もあります。
自分に嘘をついてはいけないけど、対人間(に限らず)の礼儀や自分が生きてきた時間に泥を塗らないためにも、それとこれは別と割り切る訓練が必要です。
器が大きくなれば好き嫌いで揺れる事も少なくなるので、良い意味で普通に過ごせるようになるでしょう。
そのためにも、日々の生活で何気ない動作にも集中とリラックスを心掛けて下さいね。