2009.10.31 チベット展
20091031030821
20091031030815
「聖地チベット‐ポタラ宮と天空の至宝」展に行ってきました。

美術館の前では「FREE TIBET!」の方が「チベット本土からインドへ亡命した子どもたちの絵」という小冊子とチベット国旗と、「ここに展示されているのは、中国政府がチベットから奪ったものです」と書かれたホワイトボ―ドを展示していました。


チケットを買おうとしたら後ろから腕を掴まれ、あらぬ方向へグイッと。
年貢の納め時か…と観念したら、初老のご夫婦が、一枚余ってるからあげるわとチケットを下さいました。
仏のご加護でしょうか?


10年程前、一度ラサに行ったのですが、高山病でポタラ宮とノルブリンカくらいしか行けなかったのです。
五体投地しながらの巡礼者を見ると、街中のお寺にも気軽に観光という気になれず、真剣に信仰してらっしゃる方の邪魔をせずに遠くから観るだけになっていました。

なので今回はゆっくり観る良い機会。
チベットには魔女が横たわっていて、主要な寺は魔女を封印するために建てられたとか、チベット医学のタンカや高僧の頭蓋骨で作ったカパ―ラ、寺では布が掛けられているので一般では見ることができない仏像の全身など、珍しいものがたくさん観られました。

仏像も素晴らしいものしかないのですが、中でも「緑タ―ラ―坐像」がものすごい美人でした。
この像だけモデルさんがいたのでは?と思うほど、他と違うお顔をされています。

高さ60㎝ほどでありながら物凄い存在感の「白傘蓋仏母」
羽のように広がった千の手と、帽子のような千の顔、複数の足で獣を踏み、長い傘を持っている。日本では見たことがありません。
自然と頭を下げてしまいます。

思ったよりも夢中で見入っていました。日本の仏像とは違う良さがありますね。

外へ出たら、また「FREE TIBET! 」
一気に現実に戻ってきました。
小冊子の最後の題は、
「いつか中国人とも仲良くなりたいな」
チベット人と中国人が握手している絵でした。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/10-bd40fc33