2010.06.01 信じて手放す
優しいだけが愛情ではないと、頭では分かっていても現実にはなかなか厳しい行動に移せないことがあります。

愛情を持って突き放す。
育てる側にも勇気が要ります。
自分から離れてしまわないか、捨てられたと勘違いしないか、もっと駄目になりはしないか、不安でいっぱいになることもあるでしょう。

でもそこは信じるしかないです。
人を育てるというのは、自立させることと思います。
肉体が離れたからといって、心まで離れるわけではなし。

相手を信じ、今までの自分の教育を信じ、手放す勇気を少し持つ。
お互いに修行ですね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/123-67d8e5e8