相撲協会処分者の記者会見、なんとも情け無い姿でした。
武蔵川理事長がペコッと頭下げて、すぐに座ってしまったのには呆れます。

なによりがっかりしたのは、貴乃花親方が退職届を出したこと。
このタイミングはどうなんでしょう?
いらん混乱を招くだけにしかおもえませんが。
多くの方に大変な思いをさせて理事になったのだから、今が働き時のはず。

相撲ファンとして、事件そのものよりも、反省のかけらも見えない対応に苛立ちます。
これだけ事件が続くのは、相撲会の体質を見直すチャンスだというのに逃げの一手。
生き様も力士を貫いて欲しいものです。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/142-3dd4e96c