2010.07.14 鈍くてもOK
昨日空手の練習後に黒帯の先輩と腕立てと腹筋をやったら、今朝は箸を持つ手も震えています。

スパーリング中はほとんど痛みを感じないのに、翌日になるとあっちこっち痛いし脚は引きずってるし、この反応の鈍さは恐竜並みか?
まぁ、人間でも首を落とされた後に走ったなんて話しもあるから、そういうのも良いかななんて。

不老不死って人間の夢だけど、肉体と精神のギャップが大きいと困ったことも起こるでしょう。
伝統や信念など「変わらない」ことが大切なものと、変化に合わせて柔軟なことが大切なものとあります。
その辺、ときどき確認作業しなきゃいけませんね。

…私は不老不死なんていりません。「老い」にはマイナスイメージがありますが、しっかり生きていれば「深み」や「余裕」に繋がりますから。
それに、変化するほうが楽しいですし。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/144-73f1ea37