2010.12.03 劣等感
誰にでも劣等感があります。

自分で気付いているかいないか、乗り越えようとしているかいないか、の違いがその人を大きく左右します。

顔形は整っているのに魅力がなかったり、見所があるから期待しているのに、自分のマイナス面ばかり見て動こうとしなかったり。

失敗したときの傷を浅くするために、初めから言い訳を用意する気持ちは私にもあります。
解ってて言い訳を用意してしまうので「下らないことするな!」と自分に怒っています。

但し、やらないという選択はないし、卑屈になることもありません。
劣等感ごときに足を引っ張られている暇はありませんから。

成功しても失敗しても人生の通過点。
結果は失敗したとしても、行動すれば必ず成長につながります。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/202-19b39438