2011.02.18 不眠症の鍼灸
不眠症はご主人の帰りが遅い、兼業主婦の患者さんに多いようです。
仕事を終えて帰宅してから家事をやり、少し寝てからご主人の帰宅に合わせて食事の準備をして・・・と、なかなかまとまった睡眠時間が取れないことから不眠症に移行するパターンがみられます。

ずっと頭が働いているので頸肩のコリが強く、寝汗・耳鳴り・胸苦しさなどが伴うことがあります。
東洋医学で言うと
肝火…入眠困難
心脾両虚…浅眠・早期覚醒
心腎不交…中途覚醒
かなり大ざっぱな分け方で症状が重なっているものもありますから、参考までに。


治療は頸肩の筋肉を緩めてリラックスしてもらい、診断により肝・腎の気を主に整えていきます。
常用している薬の種類や精神疾患からくるものもあるので、注意して下さい。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/232-d6cb52bb