2011.04.02 相互理解
立場や役割によって、いろいろな視点がありますが、ほとんどの人はひとつの視点からでしかものを見れないようです。

そこに感情が絡むと、コミュニケーションが一方通行に。
管理や指導する立場の者が正論と理想論で理詰めに下の者に接すれば、責められているとしか受け取られません。

患者さんと治療家の関係も同じですね。
一喝するのが必要な患者さんもいますが、あくまでも元気になっていただくための手法のひとつ。

こういう生活だから不調になった、だからダメなんだと言ってしまってはそれ以上話しを聴く気になれなくなります。

感情的になりそうと思ったら、ひと呼吸おいてみましょう。
どんな場面でも相互理解を忘れずに。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/247-15be9c44