2009.10.14 伝える
今日は空手に行ってきました。
練習後に師範から、独立して道場開設した当時のお話を伺いました。

空手を通じて、道場生に何を伝えるのか?
どういう場所を提供するのか?
大会に行くと他の師範から、道場生の人数を聞かれることがあり、そのたびに「数じゃないだろっ!」と思うそうです。


私も治療と介護で何かを患者さんと要介護者さん達に伝えているはず。
改めて振り返るきっかけになりました。


帰りの車のラジオで、合唱に関する質問にゴスペラーズが答えていました。

自分達のクラスは人数が少なく、迫力で負けてしまうと。

対して、
大勢で歌うと、「みんなの歌」が「誰かの歌」になってしまうことがある。
少人数だと各パートを自分が歌うしかないから、みんなが「自分の歌」を歌って、「私の歌を聴いて!」という気持ちが、聴衆の心を打つのだと。


何を伝えるか?
どうやって伝えるか?
どれだけ強く伝えたいのか?


いろいろヒントを頂きました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/3-b7b4608d