昨日なぜかinできなかったので、別ブログではすでにUPしたものですが載せておきますね。

初めて鍼を受ける患者さんの中には、かなり恐がっている方もいらっしゃいます。

恐いから身体に力が入って、眉間にしわが寄ってたりしますが、実際に打ってみると
「もう刺さってるんですか?」
と一気に安心されて緩んできます。

恐がってる方のほとんどが注射針のイメージなんですね。
縫い針くらいのでグサッといくのも効きそうですが、メインで使うのは太さ0.5ミリ以下のものなので、髪の毛くらいのイメージです。

何も感じないように打つときもあれば、あえて響き(痺れ感や重い感じをいいます)を出すこともあるし、刺したまま置くときもあれば、すぐに抜くときもあります。
先端が丸い鍼で擦ったり圧したりする、刺さない鍼もあります。

ひとくちに鍼といってもいろいろな種類と技術があるので、きっとご自分に合うものが見つかると思いますよ。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/348-2852a63e