2012.04.07 懐かしの先生
TBSの「ブラックボ―ド」を見ました。
1980年の校内暴力で荒れた時代に、暴力教師と言われながらも生徒と向き合う教師の物語。

なんの偶然か、介護施設のスタッフさんに中学の先輩(面識なし)がいて、今日、その方の担任が暴力教師として転勤させられたO先生で、クラス会をやったばかりという話をしていたのです。

好きな人と嫌いな人、はっきり分かれるよね~と先輩が言ってましたが、
私にとってO先生はユニークな熱血教師で、他の先生にはない面白い話しをたくさん聞かせてくれた方でした。

最初の授業で
「中学生は大人です。君達を大人として扱います」
と言われたのを今でも覚えています。
すごく強烈な印象でしたね。

ケツバットはじめ、暴力もあったけど不思議と嫌いにならなかったので、転勤されたときは本当に残念でした。

現在はだいぶ丸くなられて、定年退職されたとのこと。
ドラマのように荒れた中学ではなかったので、目立った先生は一掃された時期だったようです。

単なる憂さ晴らしのケツバットでも
コノヤロウ!
となったり
今日機嫌悪いのね?
で終わったり、
不公平な気もするけど、人間の感情なんてそんなもん。

人との距離感は難しいけれど、自分の表現がないと相手にとって距離の取りようが無くなるのかも。
なんてブログを書いているから、私はもっと人間味出した方が良いのかも?
治療家っていったって、別に偉くもないしね。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/384-df3d1f13