2012.04.25 未病のうちに
ストレスって知らない内に溜まっていきますが、自分で意識していなくても、本能的に守っているんですね。

腐ったものを食べると嘔吐するように、身体の中に入れない、入ってしまったものは出す作用がちゃんとあります。

物理的なものなら出して終わりですが、職場のストレスなどは無意識に防御しているうちに、防御の状態が固定されてしまうことも。

つまり、交感神経優位の状態のままで無意識に身体に力が入り、リラックス出来にくくなってしまうのです。

睡眠や呼吸が浅くなったり、血流が悪くなって肩こり腰痛を引き起こしたり、病気までいかなくてもスッキリしない状態がつづきます。

鍼灸は「未病」を治すのが得意。
気療は内面の浄化にもなるので、リラックスには最適です。

身体や心のクセを自分ひとりで解消するのはなかなか難しいので、運動や趣味の時間を持ってリフレッシュしましょうね。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/391-4489b049