FC2ブログ
2010.01.10 プライド
プライドのない人間はいません。
老化や病気・怪我で今まで出来たことが出来なくなり、他人様のお世話にならなければいけなくなったとき、プライドをどう守るか?

怒ったり、へりくだったり、無関心を装ってみたり…
現状を受け入れられたら、感謝の言葉が自然と出たりもするのです。

プライド・誇り・尊厳。
時として厄介なものとなりますが、そこは大事にしていきたいですね。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/45-6843446a