ずっと気になっていた映画
「エミリーロ―ズ」を見ました。

悪魔祓いののちに少女が亡くなって、神父が起訴されるという内容。
なんと実話が基になっているのです!

少女を救う為に家族も神父も医師も力を尽くすのだけど、助けられない。
見方を変えれば医療訴訟として、いくらでも身の回りにある出来事でもあり、
宗教としても、
裁判の中で少女が残した手紙が読まれ、
少女がマリア様に会い、人々が信仰を取り戻す為にある選択をしたため、少女が死を受け入れたと分かります。

120分があっという間で、いろいろ考えさせられる映画でした。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/460-94987cf8