2013.02.02 癒やしの気
普段の気療では、気をかけながら筋肉や経絡を整えたり、骨格調整をしています。

見た目は普通の整体のようですが、体にかかる負担は少なく、筋骨・体液・気と、働きかけられる範囲が広いので治療効果もその分高くなります。

昨日のタ―ミナルの方のような場合は、とにかく苦しみを抜くように癒やしの気をかけています。
以前から睡眠時無呼吸がありましたが、昨日は無呼吸はなく安定した呼吸で、手を伸ばして握手したりと反応が見られたとのことです。

痛みだけでなく広範囲に効果が出ますので、はっきりした症状がないときは気療をお試しください!

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/471-9fc87321