身体はなんで歪むのか、よく聞かれます。


一番は日常の姿勢ですが、スポーツで歪むことも多いのです。




ダンスや格闘技のように左右均等に身体を使う場合、


膝や腰の負担はあるものの、左右差はあまり出ないことが多いです。




患者さんに多いのが、ゴルフで左腰を痛めるパターン。


「左の壁」を意識しすぎてヘンに力んでしまうんですね。


左腰から左大腿部がガチガチになっていて、


鍼に電気をかけると数回の施術で緩んできます。




テニスや卓球をやっている方も、はっきり筋肉量に左右差が出るので


頸肩コリや片足の脛だけすごく張っていたりします。


水泳で全身均等に動かしたり、


ラケットを持たない方の腕を鍛えたりするのが予防になります。




日常生活でもバランスが崩れるので、こまめに施術を受けるのをお勧めします。


先日の施術では、気をかけながら筋肉をほぐすだけで


施術後には別人のように表情が明るくなられました。




施術と施術の間をどのように過ごすか、


たとえばテーピングや皮内鍼等で効果を繋ぐことはできますが


一番は痛みが無いときにバランスを回復するための運動を


することです。


施術後には気功や呼吸法の指導もしていますので


内側からも健康になりましょう!






羅漢堂鍼灸治療院


http://www.rakando.com






スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/478-7b8b8134