2013.03.29 老老介護
介護は身体を壊しやすい仕事ですが、在宅での老老介護ならなおさら負担がかかります。
移乗の方向が毎回同じなので、筋肉のつき方が偏ってしまったり
股関節や膝の角度がズレてきます。
自分の時間を持つことも出来にくくなるので、ストレスがさらに症状を悪化させる
悪循環に陥ることも多いですね。

今まで2人で生活してきたから、と援助を拒否される方もいますが、
身体が緩むと介護のお話も自然と出てくるので、
こういう方法がありますよ、と提案することも。
限られたスペースで車椅子を動かせるようにしたり、手摺や滑り止めを取付けたり、
皆さん工夫しながら頑張っていらっしゃいますね。
本当にすごいと思います。

お灸の臭いが懐かしいとか、叱られて言葉とおり熱いお灸をすえられたとか、
鍼灸をきっかけに懐かしい思い出が蘇ることもあり、
やっぱり時間をかけて一人づつ向き合っていくのが楽しいですね。

羅漢堂鍼灸治療院
http://www.rakando.com



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/497-6a77fac5