痛みの原因にもいろいろありますが、捻ったとかぶつけたとか
ハッキリした原因があるときは、痛みの場所もはっきり分かります。
何となく痛い、痛みの場所がはっきりしないときは、
筋力不足や局所の酸欠の可能性があります。

腹筋が弱ければ内臓の重さを支えられず、腰に負担が掛かり腰痛になりますし、
下半身の筋力が弱ければ、静脈血を心臓に戻す力が弱くなり
冷え性になり、酸欠からの栄養不足で痛みが出ます。

鍼灸で水分代謝を上げて、気療で筋肉を引き上げると
身体の中心に重みが集まるので動きやすくなり、お腹も少し引き締まります。
運動して筋肉がつくと、その状態を維持できるのでスタイルもよくなりますよ。

羅漢堂鍼灸治療院
http://www.rakando.com



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/500-7d9d6850