FC2ブログ
2013.05.30 博物館巡り
東京国立博物館「大神社展」に行ってきました。
残念ながら七支刀の展示は終わっていましたが、思った以上に太刀の展示が多く
武器好きには嬉しかったですね。
仏教美術のような楽しさはないものの、狩衣などの衣服からもものすごくエネルギーが出ていて、神像に至っては本当に神威としか言いようの無い力がありました。

次に国立科学博物館の「グレートジャーニー 人類の旅」展へ。
人類の起源に迫るのは、やっぱり興味深いです。
十年ぶりに展示される「干し首」は見逃せないし!
と思って入りましたが、学んだのは個人主義じゃ生き残れないということ。
アラスカ・アマゾン・エジプトと、過酷な環境で生きる人々には「助け合い」なんて言葉が無いのかも。
それが当たり前になっているので、足りないところには見返りなく分け与えるし自分も受け取る。
執着も遠慮もないのです。
セイウチとトナカイの猟から解体まで映像が流れていてたくさん血が流れていたけど、
見ていた小学生、どう受け取ったかな?

不自由だから、不便だから、人々は助け合うって自然のこと。
年間自殺者が3万人いる日本って、どうなんでしょう?
神が救うのが早いか人が救うのが早いか?
疫病や天災で神に祈るのは分かります。
人間同士のことは人間で助け合った方が早いでしょうね。
ヒトに限らず生命を大切に、しっかり生きなきゃ神様にも見放されてしまいますね。



スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/513-9d16f6dd