未病を治すってよく書いてますが、なぜ肩こりや腰痛などを軽いうちに治した方が良いかというと、「姿勢が悪くなるから」
姿勢が悪くなると血管や神経を圧迫して、例えば首が前に倒れて俯き加減になれば脳への血流が悪くなり、ずっと眠かったりキレ安くなったりします。
腰が曲がれば内臓が圧迫されて働きが悪くなることもあります。
不妊症の方などは特に注意したいですね。

正しい姿勢を維持するだけでも筋肉が働くので最初はキツいかもしれませんが、時々鏡を見て両目が水平か、どちらかの肩が挙っていないか、腰がずれていないかチェックしましょう。
そして病気にならないうちに解消しましょう!
羅漢堂では筋肉・骨格・気血のすべてに働きかけて、身体を内側と外側の両方から治していきます。
急激に力を加える施術はしないので、ご高齢者様や女性も安心して受けていただいていますよ。


羅漢堂鍼灸治療院


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/516-2e2472fd