FC2ブログ
2015.01.21
東洋医学では邪気を、おおざっぱに風邪・湿邪・寒邪など外的要因と
怒・喜・恐など感情が過度になったときの内的要因とそれ以外に分けてます。

「それ以外」に、いろいろ厄介なものがあるわけで、医学的に原因不明なものの中には気療はじめ代替医療や見えない世界の専門家でないと対応出来ないものがあります。

人生最期の場面では、苦しみを抜くための医療と、恐怖を乗り越えるための宗教が必要です。
最近は気や魂を語る医師が書籍を出版されたりと、時代が変わりつつあります。
早く医学と代替医療と精神世界が普通に協力出来るようになれればと思います。


スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/544-a5b502cb