2015.01.22 延命
産まれた瞬間から死にむかって人生がスタートする。なんていうと暗く感じますが、
私は不老不死や永遠の命なんて絶対要りません!

いつか死ねるから、今頑張ろうって気になります。
身体が衰えるから、若いもんに負けないようにもっと頑張ろう!とか、出来ないことは助けてもらって、人の和を大事にして心を汲んであげられるようになったりするのではないかな?

気力・体力が一番充実したままでいられればたのしいだろうけど、変化しないってことはいろいろな体験のチャンスを逃すことにもなるから。

ただ、苦しいまま旅立ちたくはないですね。
ピンピンコロリが理想です。
以前、かなりご高齢の方をさる事情からこの時期まで保たせてほしいという依頼がありました。
気療による延命なので毎回倒れそうになっていましたが、その方は期日を過ぎた現在もご存命ですが、良かったのかどうかはまだ分かりません。

延命の善し悪しは「誰にとって」の視点によって変わります。
私の仕事として、死の苦しみと恐怖だけは、抜いてさしあげられるようにします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/545-0b0ff479