2015.03.09 住環境
脳疾患の後遺症では痛みや痺れが現れますが、脳の異常信号なのか麻痺を庇って動作した筋肉痛なのか身体が弱ったことで起こる2次的なものかで対処が違います。

どれか一つだけが起こることはほとんど無く、麻痺側は筋力が弱い上に倒れないようにスタンスを広く取る傾向があるので、股関節がズレていることが多いです。
動けない時間が長いと筋肉が落ちるので背骨もずれ易くなり、脳由来ではない痺れが出ることもあります。

エレベーターが無い建物の2階より上に住んでいると、歩けないと家に帰れないのでリハビリの真剣さが違います。
不便な方が良いこともありますね。

住環境は病気の発症にも関係します。
川や海の近くなど、湿気が溜まりやすいとカビも生え易いし体温調整も狂って来ます。
湿気はイライラの元にもなるので(湿気った夏の暑い日には犯罪率が高くなるそうです)高齢で高血圧だと夏場は気をつけないといけません。
あんまり酷いときは再発の危険もあるので(もちろん住環境だけが原因ではないですが)引越しを考えた方が良いかもしれません。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/581-6e29339b