2015.07.10 静かな最期
治さない仕事もときにはあります。
昨日は急遽ターミナルの方のもとへ行きました。
モニターがついているため脈拍や心電図が分かる状態で気を掛けましたが、すぐに心拍数が上がってしまうので暫く気の強弱と性質を変えてモニターで確かめながらやりました。
治すため、元気にするための気は、活性化させるのでターミナルの方にとっては負担になります。
昨日は気をかけなくてもモニターの警告音が鳴らずに安定するまで続けました。
また、身体だけではなく内面も準備出来るよう、恐怖を感じないようにしました。
なるべく苦しまずに旅立てるように、これも大事な役目と思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/637-0725a3cc