今日は久し振りに(でも無いか)憑いている患者さんでした。
お会いして違和感があるのと、臭いがおかしいので外すところからスタート。
終了して「温かい布団を掛けられたみたい」だったそうです。

「温かい布団」と感じたのは肉体に掛けた気です。
身体の症状は身体に気を掛けないと効きません。
身体の感覚なので、「温かい」「冷たい」と感じる方が多いですね。
肩凝り腰痛などは、筋肉の緊張を取り骨格の矯正でほぼ楽になります。
内臓の関連痛のこともあるので状態をうかがいながら進めていきます。
また、気だけですべて解決出来る訳では無いので、状態によっては病院での検診や手術を勧めることもあります。
気を出すのに特別な事は要りません。
できるだけ笑ったり、運動や武道で普段から気を上げておきましょう。
病気に罹りにくくなり、人間関係のトラブルも減るでしょうね。

憑いているものを外すのは霊的な気なので、普段は使いません。
病院の検査で異常が発見できない、異常値が出ていても私が診て身体に異常が無いのに強い不調の訴えがある方、そういう場合にのみ切り替えます。
劇的に回復する事もあれば、重度の精神疾患からくるものや、本人に治る気が無い場合は治らないのです。
必要無いのに霊的な気を浴びると、ご本人の因縁が噴き出すことがあり日常生活に支障が出ることもあります。
ちょっと違いますが、患者さんとのお話しで出てきたことで、旅先で入った神社やお寺は行き続ける覚悟が無いのなら迂闊にお参りしない方が良いです。
あくまで観光として、御祭神や御本尊にはご挨拶のみでお願い事はやめましょう。
信仰する神仏を決めて、ブレないようにしましょうね。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------

今月の気功体験講座は2月13日土曜日15時からです。
今回は練習メインではなく、気で何が出来るかを体験してもらいます。
詳細はおってブログに載せます。
気分転換、ストレス解消に、お気軽にお問い合わせ下さい。



スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/713-5cb0959d