2016.02.28 標本同治
今日は三軒の病院でそれぞれ違う診断だったため治療が進まない方がいらっしゃいました。
膝が腫れているので安静指示があり、習慣だったウォーキングを休んだら筋肉が緩んでかえって水分代謝が悪くなったようでした。
膝に溜まった水を流し、かなりX脚になっていたのでズレを整えたら痛みがなくなりかなり曲げられるようになりました。

標本同治というのが中医学にあります。
標は表に現れている病気・症状、本は病気の本質・原因です。
標本同治は症状と原因を同時に治療します。
基本は、急なれば即ちその標を治し、緩なれば即ちその本を治す、
症状が弱いなら病気の根本治療をし、痛み苦しみが強いなら先ずその症状を取る、そんな意味です。

診断の考え方が西洋と東洋では違いますが、例えば風邪だと、西洋医学では菌やウイルスが身体に入ったからとなりますが、東洋医学ではどこかが虚しているからと考えます。
痛みがないだけでも気力が出てくるので、何でもご相談下さい。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/720-c93204a8