2016.03.09 介護絡み
電車を待っていたら、足腰立たなくなってエレベーターのドアに脚を挟まれているお年寄りがいました。
近くに作業員らしき人がいて助けていたので大丈夫かと思ったら、後ろから脇の下に手を入れて立たせようとしていたけどまったく立てず、ドアが閉じてはお婆さんが杖で引っ叩いて開けていたので、私が抱えて椅子に座らせました。
歩いて行くと本人が言い張り、奥さんは駅からタクシーで行こうと言う。
作業員さんと二人で説得し、その場で補助しながら少し歩いてもらって、電車に乗れる状態ではない事をお二人に納得させて駅の車椅子でタクシー乗り場まで行っていただきました。

無理に脇の下から引っ張り挙げようとすると、神経や血管を傷めたり肩が外れる危険があります。
吐き気があったり、眼球に異常な動きがあれば脳が原因かもしれません。
今回は座り込む形でしたが、倒れた場合動かす前に外傷の確認も必要です。

老々介護では仕方ないですが、何がどれだけ出来るかは日々変わるので、状態を把握する人間がいないと危険ですね。
待合室で話している横で、多分親の介護をしているらしき人が「歩かないから歩けなくなるんだ」「デイサービス行っても車で送り迎えだから駄目だ」などといらん事を言っててキレようかと思いましたが仕事モードだったので無視しました。
文句を言うだけでは何も変わらないですからね。
結局、感謝されるでもなく私が電車数本乗れなかっただけですが、ホームに落ちられるよりは良かったかなと思う事にします。
最近介護絡みの事件が多いのでいろいろ考えてしまいました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/724-52b6f52a