特発性正常圧水頭症、
略して「iNPH」
なぜかiは小文字です。
2004年に診療ガイドラインができたばかりの新しい病気。

脳に水がたまり、歩行障害・認知症・尿失禁などが起こる病気で、高齢者の1.5%(約30万人)がかかっている可能性があるとされています。


今日、「お祖母ちゃんこれかも。一時間くらいの手術で治るって」と、義妹が資料を持ってきたのです。

病院勤務のときに1人だけ、この病気の方がいらっしゃいました。

40代男性で、10年以上どこの病院でも不調の原因が解らず、もの忘れが激しいのでまともに仕事にならず、周囲からは怠け者のレッテルを貼られ、誰からも理解されないのが一番辛かったと仰いました。
病気であると証明されたのが何より嬉しいと。

思い出しながら、お祖母ちゃんは当てはまらないし、もしiNPHがあったとしても、来月100歳の方に手術はキツいな、と。

若年性の場合は、手術をお勧めします。
最高で3週間ほどの入院が必要ですが、先の患者さんは1週間くらいで元気に退院されました。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/73-fc18a1c0