2016.04.24 酷くなる前に
痛みがあれば治そうと思いますが、出来れば発症前に防ぎたいものです。
未病を治す、が東洋医学の目的ですが現代は忙しいのでなかなか休めないですね。

ひとつの目安は、好きなものが好きと感じられなくなった時。
心が追い詰められているかも知れません。

肩凝り腰痛が手や足の方に移動した時。
ピンポイントで傷んでいるか、絞扼の範囲が広がっている可能性があります。

本当にダウンしてしまうと治るのに時間が掛かり、余計周囲に迷惑が掛かります。
こまめにケアしていきましょう。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/739-77ef4632