安静が必要といっても、病状によって程度があります。
治ったら〇〇する、と励みになるなら良いのですが
治るまであれもダメこれもダメと、出来ることや本来やるべき事まで病気を理由に逃げてしまったり、周囲が過剰に反応して生きる気力まで奪ってしまえば他の症状が出る可能性もあります。
知識がある方ほど、病気だけを見て心の問題など全体を見ない事があります。
病気があるからすべて不幸、というはずはありません。
幸せを感じる一瞬があるはず。
周囲の思い込みで、幸せの機会を奪わないようにしたいですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/775-d56f16ca