2016.09.20 血筋
今日は三人の方とお会いしました。
表に出ている問題は全く違いますが、性格・体質・親子関係・能力といった、血筋に関する事が共通していました。
その環境にいると、慣れてしまいます。
戦うだけが解決方法では無いですが、慣れてしまった環境から踏み出すための自分との戦いは避けられません。
良心の呵責という形を取るかもしれないし、逃避して自己嫌悪に落ちるかもしれません。
でも、そういう思考と感情のパターンを崩す事が大事。
恩は恩として縁は縁として大切にしつつも、一番大事なのは御自身が幸せになる事です。
自分が我慢すれば上手くいく、という関係はいつか壊れます。
自分らしく生きてみましょう。















と、ここまでは真面目なblog風に書いてみましたが、これから毒吐きますよ。
筋を通さずに来たものは筋を通さずに消えます。
残骸というのか、見ましたが、扱いきれなければ去るか消えるか、気持ちの良いものではない。
筋を通して来ていただいても、後からこんなはずじゃ無かったと言っても遅いです。
自分が成長するしかありません。
類は友を呼ぶと云うように、自分の周りにいる人と在るモノは自分のレベルを表しています。
自分を棚に上げて相手が一方的に悪いというのは通りません。
何が見えようが何が来ようが、人間のやるべき事は幸せにしっかり生きるだけです。
すべての解決をスピリチュアルに求めるのは間違いです。
運動すれば妄想は減り、体力がつけば下らない霊的なモノなど近ずけなくなります。
〇〇が見えたと言って喜ぶレベルは早く卒業しましょう。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/786-2980fab2