スケアード・ストレート方式交通安全教室に行ってきました。
チラシによると、「恐怖を直視する」という意味で、スタントマンが事故を再現するのです。
自転車同士、自転車と車、自転車と大型車など、いろいろなパターンを見られました。
事故現場に遭遇して、救急車が来るまで負傷者の傷を押さえていたことがありますが、
事故は一瞬。
ルールを守る、これくらい大丈夫と過信しない、あとはちょっとした気遣いが大事ですね。
それにしても生のスタントは凄かった!
スポンサーサイト
TrackBackURL
→http://rakandotiryoin.blog93.fc2.com/tb.php/862-1ff66383