FC2ブログ
不妊症の患者さんに共通するもののひとつに、睡眠不足があります。

フルタイムで働いている方が多いこともあり、布団にはいるのが0時以降で、眠ってからもちょくちょく目が覚める方も多いです。

睡眠は、一度体温が高くなってから下がっていって眠りに入ります。
心配事や考え事をしながらだと脳が働いているから熱を持ったままなので、寝つきが悪くなります。
ストレッチなどて体をほぐして熱を発散させて、アイスノンなどで頭を軽く冷やすと良いでしょう。

ちなみに、睡眠不足は女性ホルモンのエストロゲンを低下させます。
要注意です!

睡眠中には成長ホルモンが傷ついた細胞を治してくれます。
質の良い睡眠は美容にも良いですよ。

立ち姿や歩き姿に気を配る人が増えたと思います。
では寝姿はどうでしょう?

頸肩の痛みがある患者さん達に多いのが、「横向」の寝姿。
ソファに寝ながらTVを見ていたり、横向でないと眠れなかったり。

低い枕を使っていれば当然下になっている肩が内側に入ってきてバランスが崩れます。
高い枕を使っていれば、仰向けになったときに余計な圧力が頸にかかり、熟睡を妨げます。
なんにせよ血行不良を招いて睡眠が浅くなる可能性大なのです。

腰痛で横向しかなれないという方は、足元に座布団や予備の敷き布団を畳んで敷いて、膝を「くの字」にすれば仰向けでも眠れますよ。
試してみて下さい!


2012.01.09 七草粥
七草粥、1日遅れで今日食べました。

子供の頃、台湾の家に行くと朝食はサツマイモのお粥だったので、お粥は私の中で懐かしの味なのです。
お粥・油条(細長い揚げパン)・豆乳
現代人の食生活からすると質素で味気なく感じるかもしれませんが、身体が軽く感じます。

春の七草、全部言えますか?

セリ・ナズナ・ごぎょう・ハコベラ・ほとけのざ・すずな・すずしろ

すっかり忘れてます。
子供の教科書で復習したものの、現在の名称と一致しませんし…

七草粥を食べると、胃がスッキリしますね。
微妙な苦味が良いのかも。
五行分類でも、冬は苦味で腎を養うのが良いとされてますから。

明日は成人の日。
食べ過ぎ飲み過ぎの翌日にはお粥も良いですよ。

2011.12.26 冬の過ごし方
本格的に寒くなりました。
クリスマス~お正月とイベント続きですから、元気でいたいですね。

とはいえ、冬は休息の季節。
寒さに備えて身体はエネルギーを貯める状態になります。

東洋医学だと冬は塩辛いものを食べると良いとされています。
味噌・醤油・ヒジキ・あさり・いわし等が身体を温めて水分の代謝を調節してくれます。
塩辛いカップ麺やスナック菓子など化学的に作った味のものは含みません。

お酒だと、日本酒・焼酎・ワインが温める性質を持っています。
私も中国の東北地方に留学していたときに、寒いのでアルコール度60%くらいの白酒を飲んでいました。
適量のお酒(日本酒なら1日1合くらい)は血流を良くして、血栓を溶かしたり心疾患のリスクを下げてくれます。

雪もかなり降っていますから、養生だけでなく、転倒など怪我にも注意しましょう。


適度なストレスを受けると、脳も身体も強くなります。
免疫が強くなったり、シナプスが増えたり、実際に肉体が変化していくわけです。

ストレスを受けたな、と思ったら「イヤだな~」ではなく「またひとつ強くなってしまった!」と喜ぶくらいポジティブでいたいですね。

ただし、ストレスを受けるのと溜めるのは別。
呼吸と一緒にストレスを吐き出して、良い気を吸いましょう。
運動で身体を疲れさせるのも翌日スッキリしますよ。